リストラされない方法は!?会社に足元を見られないための6のヒント

Leroy_Skalstad / Pixabay

  • リストラされたくない!

  • なんとかリストラされないための方法はないか?

  • 一対どうすればいいんだ…

とお悩みの、リストラされない方法を探している方のためのページです。

最近は大企業でも平然とリストラを行う会社が多いですので、気持ちはわかりますが…。

そもそもリストラするような事態というのは会社が死にかかっているということであり、そんな状況でリストラされないというのは結構難しいかもしれません。
家族や住宅ローンを抱えている人が多いですから、そう考える気持ちもわかりますが…。

しかし、リストラされてしまったらまた仕事を探さなくてはいけなくなります…。
なんとかするための方法をまとめてみました。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

最終的には運次第!

残念ですが、正直リストラされるかされないかというのは運次第の面も強いです…。

恐らく面談などもあると思いますが、その面談する担当者と気が合うかどうか?みたいな要素もかなり密接に関わってきますし。
いくらあなたが優秀な社員でも、「こいつは気にくわないな」と思われたら、切られる可能性もありますし。

 icon-exclamation-circle 

特に何百人何千人単位の大企業のリストラの場合、いちいち一人一人を時間かけて見ていられません。

多少は本人の能力も考慮されるでしょうが、まああまり見ている余裕はないですね。

たいていチーム単位、部署単位、事業所単位で切られます。
集団の単位がチームなのか事業所なのかという違いだけで、全体で業績が悪ければ会社にとってはお荷物なのです。

なのでまあ、神頼みでもするしかないのではないでしょうか?

「リストラされない方法」なんて調べたら、たくさんの小手先のテクニックは出てくるかもしれませんが…。

小さい会社ならいいですが、そこそこ大きい会社の場合、大きな流れに逆らうのは難しいと思います。

リストラされる前提で考えたほうが賢明

geralt / Pixabay

もうこれは、発想を転換したほうがいいと思います。

リストラされない方法なんて考えるのではなく、リストラされる前提で考えるんです。
そうすれば、いくらでもアイデアが出てきますし、本人の努力次第で生き抜くことも可能になってきます。

たとえば、

  • 第二の収入源を構築しておく

  • 生活レベルを上げず必要最小限で暮らしておく

  • 住宅ローンはくまない

などなど。

恐らくあなたは結構いい企業に勤めていると思いますが、リストラなんてもう20年くらい前からテレビで騒がれていましたよね。
知らないとは言えないでしょう。

なので、リストラされる前提で考える必要があるんです。
もうこの国は結構前に落ち目の国になってきてるんですから。

リストラに備え、第二の収入源を構築し始めるべき

もう遅いかもしれませんが、リストラに備えて第二の収入源を構築し始めるべきです。

  • 副業したり

  • 不動産投資をはじめたり

  • 株式投資をしたり

  • 地方で居場所を作っておいたり

特に最近は稼いでる有能な正社員の方でも、第二の収入源の構築には余念がありません。

もう今は、年収なんて「時価」くらいに思っておいたほうがいいんじゃないですか。
今高い年収を稼いでいたところで、これから先もずっと稼げる保障なんてありませんし。

第二の収入源を構築しておけば、リストラされても収入が0円にならずに済みます。
最近は副業を解禁する会社も増えてきましたからね。

解禁してなくても、コッソリやってる人は多いです。
私もやってますし。

副業禁止は気にせず複数の収入源を持ち、リスクヘッジすべき6の理由

リストラに備え、最低限の生活費で生活する

stevepb / Pixabay

これ、もうリストラされる心配がないような人でも今はやってますね。

ミニマリストっていう、物や住居を最小限にして暮らす人たちが少し前に話題になりましたが、ああいう暮らしをすれば最低限の生活費で抑えることも可能になります。

なまじ生活レベルを上げてしまうと、今の会社から放り出されたら、今の生活は全て瓦解します。

  • 高額な住宅ローンを組んだり

  • 高い車を新車で買ってローン組んだり

  • 豪華な結婚式をしたり

  • 無計画に子供を何人もつくったり

してしまうと、お金がいくらあっても足りません。

今は右肩上がりで稼ぎが増えていく時代ではありませんし。
最低限の稼ぎで暮らせるようにしておきましょう。

 icon-exclamation-circle 

最近は空き家も増えてきてますし、地方の程度のいい中古住宅なら数百万出せば買えます。

というか、別に家買わなくてもボロい家でも借りて賃貸でいいと思います。

家買っても子供なんてどうせ出て行きますし、子供としても家なんて残されても、住まなきゃ邪魔なだけで子供も迷惑だと思いますし。

今どき都心の物件じゃなきゃ、買い手なんてなかなか現れません。

車も、程度のいい中古車を買うという手段もありますし。

結婚式は、もはや半数の結婚したカップルがやってないみたいですし、三組に一組が離婚する時代に贅沢すぎます。
子供も、最近は作らないカップルが増えてきてますよね。

とにかく、出費を増やしてしまうとたくさんの稼ぎがないと生活できなくなってしまい、今の待遇のいい会社から放り出されたら生活が瓦解して
しまうのです。

その上、今は平均寿命が延びたから親の介護の費用までかかってきますし…。

絶対リストラされたくないなら、非正規になることを覚悟

或いは、あくまでもその会社に留まりたいのであれば。

一旦はリストラされますが、最近はその後嘱託、つまり非正規として再雇用する会社も増えてきてます。
そういう方法で、今の会社に留まるというのも手段の一つです。

たいていの年収高い会社員は、単に年功序列で給料が上がっていってるだけです。
あなたの給料は多分結構いいんでしょうが、果たしてその給料分の働きをしてますか?

もっと若い人を入れれば、同じ仕事をもっと安くできるんじゃないですか?
それどころか、発展途上国から外人を雇用すれば、多少の不都合はあれどこなせる仕事ではありませんか?
コンピュータである程度代行できる仕事ではありませんか?

 icon-exclamation-circle 

そういう仕事の場合、会社はもう年収400万も500万も600万も払いたくないんです。

今はグローバル化でどんどん発展途上国の賃金に近づいていってますし、年収300万程度でも適正だと思います。
それでも高すぎるくらいです。

どうせ大して会社にも貢献できていない人材に、年収400万以上払う価値あるか?っていうと多分あまりないんです。

となると、会社に残るには、自分の待遇を下げるしかありません。
つまりは非正規になるのです。

会社から言ってこない場合は、こちらから交渉をもちかけるしかないでしょう。

まあ、あまりいい手段とも思えませんけどね…。

生活費は月20万以内に必ず収めるべき

stux / Pixabay

今の時代、給料なんてなかなか上がりません。

新卒でいい会社に入れた人なら別ですが、そうでないならなかなか難しいです。

ですが、月の手取り20万くらいの会社であれば、結構見つかります。

手取り15万くらいの会社でも、副業すれば月20万くらいは届く金額です。

それでいて、一人ならば十分、結婚しても子供作らなければ十分な金額です。
それ以上の生活を望むのであれば、嫁に働いて貰うとか、もっと生活レベルを落として余裕を持たせるとかすべきです。

 icon-exclamation-circle 

給料が上がらない時代なのですから、稼ぎを増やすにも限界があります。

「稼ぎを増やすのではなく、いかに少ない出費で暮らすか?」に心血を注ぎましょう。

日本経済は悪化しますが、そうしないと生き残れないのですから仕方ありません。

一人なら月10万、結婚して子供無しで月15万、子供一人増えるごとに5万円増えていくくらいの生活水準なら、どうとでも生きられます。

今は非正規の仕事なら再就職が絶望的な中高年でも見つかりますし、月15万とか20万程度なら、雇用形態に限らず稼げます。

そうすれば会社にしがみつくこともありませんし、足下を見られて地獄のような毎日を送らずに済みます。

まとめ

リストラされない方法っていうのは、かなり難しいと思います。
そもそも今は経済がグローバル化していて、どんどん発展途上国の賃金に近づいているのです。

賃金の原資は会社の売上ですが、日本の会社に発注せずに海外の会社に発注したほうが安上がりですし。

今はネットで簡単に海外に発注できますからね。

日本の会社に発注すると、高い日本人の人件費で料金が計算されますから、高いのです。

これはもう時代の流れですから、どうしようもありません。
リストラされる前提で、生活レベルを上げないようにしたほうがいいですよ。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする