【通勤】パニック障害で電車乗れない!電車が怖い人が働く5つのヒント

Pexels / Pixabay

  • パニック障害で電車に乗れない!

  • 毎日死ぬ思いで通勤している…

  • 電車に乗らずに済むなら、仕事辞めたい…

とお悩みの、パニック障害で電車が怖くて乗れない方のためのページです。
そうはいっても、電車以外の選択肢がないから、無理して電車に乗っているような人もいるかもしれませんが…。

私の知り合いでも、パニック障害で電車に乗ってると汗が止まらなくなったり、目眩や吐き気がしてきてしまう人がいましたね。
結局その人は、勤め先の会社をしばらくして辞めてしまっていましたが…。
それほどの悩みであることは、なかなか理解されないような気がします。

ですが、電車に乗れないと色々と日常生活で弊害が出てきてしまいます。
なんとかするための方法をまとめてみました。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

乗客が少ない時間帯を狙う

すぐできるのは、これだと思います。
ただ、電車自体が怖い場合はこれでもあまり変わらないかもしれませんが…。

パニック障害といっても、何が原因になっているのかは人それぞれです。
電車という閉鎖的な環境がダメな人もいれば、都会の満員電車がトラウマになってパニックになってしまう人もいます。
周りに人が少なければなんとかなる場合、乗客が少ない時間帯の電車に乗ればなんとかなるかもしれません。

まあ、都会の場合は始発で通勤する事になるかもしれませんが…。
始発ならそれほど乗客もいないでしょうから、まだマシかもしれません。

ただ、帰りの電車はどうにもなりませんが…。

フレックス制の職場に変える

stux / Pixabay

電車に乗る時間をコントロールしたいなら、これも有効かもしれません。
フレックス制の職場であれば、定められた勤務時間働くなら、出勤時間を自由にコントロールできます。
人が混む通勤ラッシュの時間帯を避けて、通勤することができます。

 icon-exclamation-circle 

ただ、浸透してきているとはいえ、まだまだフレックス制の職場って少ないですが…。
業種や職種によってはフレックス制は馴染まない、という仕事もありますし。

ですがフレックス制のような制度を会社が用意してくれていること自体、会社が従業員のことを考えてくれている…と判断することもできます。
いっそのこと転職してしまうのも手段の一つです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「転職しようかな」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職アプリなら、自分の市場価値がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

まずは気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

在宅勤務可能な会社に変える

或いは、在宅勤務可能な会社に変えるというのも手段の一つです。

これならば、電車に乗らずに済みますから、家で落ち着いて仕事に取り組むことができますよね。
ただ、完全在宅勤務というのは少ないですから、週何日かは出勤することになるかもしれませんが…。

 icon-exclamation-circle 

在宅勤務可能な仕事としては、オフィスワークの仕事が多いです。
一番わかりやすく在宅勤務の導入実績も多いのは、エンジニア系の仕事ですね。

「パニック障害のために仕事変えるってどうなの?」って意見もあるでしょうが、やっぱり自分のペースに合わせて働ける仕事が一番なのでは…。
最近はエンジニアは人手不足ですので、若ければ結構異業種からの未経験転職も多いです。
チャレンジしてみるのもありかもしれません。

こちらの転職サイトなら、フェイスブックのアカウントがあればすぐに転職活動を始められるのでお勧めです。

ネット系の会社も多いですよ。

⇒待つだけ転職活動!【switch.】

企業からのスカウトを待つ形で転職活動できるので、気楽にはじめられます。

会社の近くに引っ越す

marcusbouvin / Pixabay

そもそも電車に乗りたくないなら、会社の近くに引っ越すのもいいかもしれません。
引っ越し費用がかかってしまいますが…。
歩いて行ける距離であれば、わざわざ電車に乗らなくても通勤できます。

ただ、オフィスワークだったりで完全内勤だったらいいんですが…。
勤務時間中に社外にでる用事があったり、営業職で普通に電車を使う場合だとダメですね。
通勤で電車に乗らなくても、仕事で電車に乗る羽目になるなら意味がありません。

まあそれでも電車に乗る機会は確実に減るでしょうから、やってみるのもいいかと思いますが。

ただ会社が都心にあると、家賃が跳ね上がるというデメリットがあります。
都心の家賃が高いから、みんな郊外から通勤しててドーナツ化現象が起きてるわけですからね。

地方に移住する

或いはいっそのこと、地方に移住してしまうというのも手段の一つです。
田舎なら主要な交通機関は車や自転車です。
電車も一応ありますが、利用者が少なかったり、本数が少なかったりします。

免許や車がなくても、自転車と徒歩だけで生活してる人も案外いますね。
まあこれは、その人がどういう生活をするのかにもよりますが。
少なくとも電車が必須ではなくなりますから、パニック障害の引き金になる電車に乗らなくても生活できます。

 icon-exclamation-circle 

しかも地方は最近空き家が増えてきています。

やり方次第では、交渉してタダ同然で一軒家を貰ったり、月数千円などの格安で物件が借りられたりするケースも増えてます。
空き家のままにしておくと固定資産税が上がったり、傷みが早くなったりするので、タダでもいいから住んで貰いたい人は結構いるんですよ。

田舎は仕事が少なかったり、給料が安かったりしますが、出費が減らせるなら収入はそれほど多くなくても大丈夫です。
畑を借りて食料をある程度自給することも可能ですしね。

まとめ

パニック障害はかなりきついと思います。
こんなの、わからない人にとっては意味不明ですし、なかなか理解されづらい面があると思います。

パニック障害の原因を追求していくのもいいですが、それで問題が解決するわけでもないです。
こういう障害や神経症になってしまう人って、常にそのことについて考えてしまい、より一層症状にとらわれてしまう人が多いので。

でしたら、いっそのこと環境を変えてみたりした方が、根本的解決になると思います。

毎日パニック障害のことを気にして、憂鬱な気分で人生を過ごしているのではありませんか?
そんなことで悩んでいるなんて生きててもつまらないでしょう。
なんとかするために一歩を踏み出してみることをお勧めします。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●switch.
フェイスブックを使って手軽に転職活動ができるサービス。
企業からのスカウトを待つ姿勢で転職活動できるので、気楽にはじめられます。
ネット系の会社が多いですが、最近はエンジニアは人手不足なので採用はされやすくなってきてます。
パソコンやネット系の会社は在宅勤務しやすかったり、独立しやすかったりするので、人生を変えたいなら挑戦してみるといいかもしれません。

⇒【Switch.】に一分で無料登録!

●MIIDAS
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●DODA
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業は人事の手間をDODAのような人材支援会社に頼る傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【DODA】転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

シェアする

フォローする