【傷害罪】会社で殴られた!?具体的対応策9選!

tpsdave / Pixabay

  • 上司と大喧嘩になって殴られた!

  • 酒の席で上司に殴られた!

  • なんとか仕返ししてやりたい!

そうお考えの、会社で殴られてしまった方のためのページです。

そんな人が会社員をやっているなんて信じられないですね…。

ですが、酒の席ではそう珍しいことでもないようです。

しかし、殴られたということはただことではないです。

傷害罪ですし、なんとか仕返ししてやりたいところですが…。

一体どうしたらいいのでしょうか?

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

殴り返す

やって来たのはあちらですから、こちらも倍返ししましょう。

まあ喧嘩両成敗で終わってしまう可能性はありますが…。

荒っぽい連中が多い職場の場合、そのくらいしないとナメられてしまう可能性もあります。

そういう職場の場合は、一度舐められると面倒です。

実力を示しておいた方がいいのかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

ですが、喧嘩となるとなかなか歯止めが効かなかったりします。

殺人に発展する恐れもあります。

実際、あなたはそいつを今かなり恨んでいると思いますからね。

⇒【死んでしまえ】上司を殺してやりたい!過ちを犯さず済ます9の方法

知り合いの会社で昔、そんな事があったみたいです。

歯止めがきかなくなると、どうなってしまうかわかりません。

すぐに警察を呼ぶ

Alexas_Fotos / Pixabay

警察を呼んで被害届けを出せば、一応をちゃんと動いてくれます。

厳重注意程度で済んでしまうかもしれませんが…。

ただちょっと殴られた程度ではきついですね。

「殺されそうです助けてください!」ぐらい言った方がいいかもしれません。

実際、襲われているほうとしてはそのくらいの恐怖感があると思いますから。

まあ、あんまり大げさすぎるとその後おおごとになりそうですが…。

殴られたということは、立派な傷害罪です。

会社に復讐してやりたいと思っているなら、やっちまってもいいと思います。

⇒【倒産祈願】辞める会社に復讐したい!ブラック企業にやり返す8の方法

病院に行って診断書を貰う

今後を有利に進めるためにも、病院に行って診断書をもらっておいた方が良いでしょう。

痛みがあるなし関係なく、早めに行くことをお勧めします。

頭を打っていたりすると、後から症状が出る可能性もあります。

できるだけ発生翌日までには病院に生きましょう。

診断書を貰えば、暴行の発生状況と情況証拠になります。

これが唯一の証拠になります。

傷口の写真を撮っておく

Satermedia / Pixabay

一応、すぐに傷口の写真をとっておきましょう。

すぐに治ってしまっては証拠がなくなってしまいます。

診断書以外の唯一の証拠と言えます。

ちゃんとあなたの顔も一緒に写っておいた方がいいです。

「顔が写っていない。これは別人の写真だ」と言って、言い逃れされる可能性もありますから。

状況を詳細に記録しておく

警察に訴える時も、弁護士に訴える時も。

できるだけ状況を詳細に記録しておいた方がいいです。

覚えている範囲でいいので、詳しくまとめてください。

  • 何時何分に誰々が誰々を殴った

  • その際にどこどこに傷口ができた

  • どこに怪我をした

  • どのような経緯で喧嘩になったのか

などなど。

全く知らない第三者が見ても、わかるようにしておく必要があります。

出来ればその場に居合わせた証人にも手伝ってもらって、書類を作成しておくとよいでしょう。

証人となる人物を味方につける

3dman_eu / Pixabay

その場に居合わせた人物がいるのであれば、証人になります。

証言してもらえるように味方につけておいた方が良いでしょう。

監視カメラがあるような状況でもないでしょうから。

証人の証言が大きな信憑性を持ちます。

 icon-exclamation-circle 

逆に言えば、証人を味方につけられないと、あなたの証言だけで立証しなければいけないので大変です。

結構難しいと思います。

このように、いつ何が起こるかわからないので、普段からの行いはよくしておいた方が良いです。

行いが悪いと、味方してくれませんので。

毎日のことならボイスレコーダーで記録

突発的に一度だけ殴られたと言うのであればまだいいです。

しかし、毎日のように上司に暴行を受けているという人もいるかもしれません。

そういう人は、ボイスレコーダーを職場に持参しましょう。

暴行の様子を記録しておいた方がいいです。

さすがにボイスレコーダーで記録を出せば、相手も言い逃れできないでしょう。

これ以上ない証拠になります。

最近はスマホでもボイスレコーダーの機能がありますし。

家電量販店でも比較的安価で購入することができます。

いつ何時、こういったトラブルに巻き込まれるか分からないです。

1つ持っておくと便利だと思います。

 icon-exclamation-circle 

というか、毎日そんなことされていたら体がもたないと思います。

さっさと他の会社に転職する方向で考えたほうがいいと思います。

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

労働基準監督署に相談する

delphinmedia / Pixabay

職場の問題であれば労働基準監督署に相談するのがセオリーです。

出来るだけ証拠はあったほうがいいと思いますが。

証拠が揃っていれば、労働基準監督署も結構動いてくれます。

 icon-exclamation-circle 

特に労働基準監督署が動いたとなれば会社もビビります。

人員が少ないので会社になめられていますが、かなり強い権力を持っていますので。

どんな会社も、叩けば労働基準法違反のホコリがたくさん出てくると思いますから。

会社はできるだけ労働基準監督署に目をつけられたくないんです。

会社をビビらせることができれば、交渉を有利に進めることができるでしょう。

弁護士に相談する

暴行の程度によりますがお金を取れる事案かもしれません。

結局はどの程度で解決したいのか、とことん争ってやるのか。

立場を明確にしておいたほうがいいですが。

 icon-exclamation-circle 

法律のことは詳しい人に聞いた方がいいので、一度弁護士に相談してみてはどうでしょうか?

職場のトラブルを専門に引き受けてくれる労働問題専門の弁護士もいます。

まあさすがにここまで揉めたら、会社にいられなくなるかもしれません。

慰謝料をふんだくって辞めるというのも手段のひとつではあります。

まとめ

結局あなたがどうしたいかによります。

傷害事件として訴えたいのであれば、もはや辞める覚悟で徹底的に争うことになると思います。

そうなったらもう後戻りはできないと思います。

もう後戻りしなくてもいいと言うのであれば、やっちゃっていいと思いますが。

比較的程度の軽いものであれば、傷害罪として立件するのも難しいでしょう。

何らかの形で会社に復讐したい、ビビらせたいと言うのであれば、証拠を揃えて労働基準監督署あたりに相談に行くぐらいが関の山でしょうね。

そしてそれをきっかけに、その他の労働基準法違反の発見につなげるというのが、会社への復讐としては一番手軽だと思います。

ついでに違法残業の証拠などが出せれば確実です。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする