今の仕事は向いてない!仕事が合わないと思った時の6つのヒント

Anemone123 / Pixabay

  • 今の仕事向いてない!

  • 怒られてばかりだし…

  • 早く辞めた方がいいのかな…

とお悩みの、「今の仕事が向いてない」と考えている方のためのページです。

仕事に合う合わないはありますので、気持ちは分かります。
特に入ったばかりの頃は、そうやって思い詰めてしまいがちです。

怒られてばかりだと、考えがどんどんネガティブになってしまいますからね…。

しかしそうは言いましても、今の仕事を辞めてしまっていいのでしょうか?
なんとかするためのヒントをまとめてみました。

⇒妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

理想が高すぎるだけかも

自分は「この仕事向いてない」と思っていても、他人からはそう思われていない可能性があります。

直接「あんた、この仕事向いてないよ!」と言われたのであれば話は別ですが。
そうではないのであれば、単なるあなたの思いこみの可能性もあります。

あなたの理想が高すぎるのではないでしょうか?
結構自分に課すハードルを高く設定しがちなのでは?

  • 「このくらいはできないとダメだ」

  • 「○○さんはちゃんとこなしてるんだから」

  • 「早く仕事ができるようにならないと!」

みたいな。

まだ今の仕事をはじめてそれほど日が経っていないのであれば、まだ判断するのは早いかもしれません。
慣れると、一気に仕事ができるようになる人もいますし。

入ったばかりなら、まだ適正はわからない

geralt / Pixabay

まだ入ったばかりであれば、その仕事に向いているかどうかなんてまだわからないと思います。

私は何回か転職してますが、慣れてきて仕事全体が見渡せるようになると、たいてい要領よくこなせるようになりますね。

仕事全体を見て判断できれば、「これってそういうことだったのか!」という風に、今までやってた仕事の要点が理解できます。
そうすると無駄を省いて動けますので、途端に使える人材になります。

こういう人は、理論的に考える人に多いですね。
私もそんな感じですが、最初は無駄な動きが多くても、要領を掴むとパターン化して難なくこなせるようになります。

まあどんな仕事かによっても変わってきますが、大抵の仕事なんて慣れてしまえばルーチンワークですので…。

もう少し続けてみれば、適正がわかってくるかもしれません。

怒られてる内は見込みがある

或いは、結構怒られる頻度が高くて、「この仕事向いてない」と思っているのかもしれません。
ですが、怒られてるうちはまだ見込みがあると思います。

どうしようもない、改善の見込みがない相手に対して、怒るなんてことしませんからね…。
めんどくさいですし。
糠に釘、暖簾に腕押し、猫に小判です。

 icon-exclamation-circle 

なので、結構頻繁に怒られるようであれば、まだ見込みがあるかもしれません。

今度怒られたら、怒ってきた人に直接聞いてみたらどうですか?
「私ってやっぱ向いてないですかね?」って。

まあ相手が怒ってたら勢いで「向いてないよ!」って言われるかもしれませんけど。
真剣に聞いてみれば、多分「まあ普通じゃね?」とか言われると思います。
つまりは、それほど向いてないワケじゃないと思うんですよ。

辞めるなら早い方がいいが…

Pixel-mixer / Pixabay

とはいえ、辞めるのであれば早い方がいいのは確かです。

もし今が試用期間中であれば、早めに辞めておけば職歴に書かなくても済みますし。
できるだけ若い内に辞めておけば、他の会社にも移れる見込みがあります。

【向いてない】もう辞めたい!試用期間で退職する際の注意点11個

ただ、三ヶ月以上とか、半年、一年とか続けてる仕事だったらもう職歴になってますけどね…。
そこで辞めると、短期職歴になってしまいます。

まあ或いは、その仕事が向いてないのではなく、単にその職場が合わない、その職場の人間関係が合わない可能性もありますけど。
その場合は、同業界で転職してしまえばもっと働きやすくなるかもしれません。

やはり仕事は一人では出来ませんから、他の同僚との人間関係も絡んできますよ。

苦手な気が合わない人と一緒に働いていると、どうしても動揺してしまったり、頭が働かなくなってきてしまいますし。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるのもいいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

どんな仕事なら向いている?

もし、「もう辞めたい」と考えているのであれば。

  • 「じゃあどんな仕事ならば自分に向いているのか?」

  • 「どんな仕事ならやりがいを感じて取り組めるか?」

  • 「どんな仕事をやりたいか?」

を、ある程度見極めてから辞めた方がいいと思います。

といいますのも、会社を辞めて無職になってしまうと、時間が経つのがあっという間ですし。
ついダラけてしまい、空白期間が空いてしまい、再就職が困難になってしまう人も多いです。

ですので、辞める前に方針を決めておいた方がいいと思います。
「次はこんな仕事を探す!」と。

まあ、しばらく失業給付を貰いながら考えてもいいですけど。
職業訓練校に通い出せばすぐ失業給付が貰えますし、訓練期間中は失業給付が延長して貰えます。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

大多数の人は、つまらない仕事を続けている

fvoellmer / Pixabay

あなたの「仕事が向いてない」というのが、単に今の仕事へのつまらなさから来るものであれば。
それは仕事である以上、仕方ないと思います。

全国のサラリーマンにアンケートをとったところ、なんと約7割のサラリーマンが「人生がつまらない」と答えたそうです。

大多数のサラリーマンは、つまらない仕事でも割り切ってやってます。
やはり、仕事にやりがいや楽しみを見いだせる人ばかりではないし、そういう人は少数派だと思います。

というか、やりたい仕事だったとしても、実際その仕事に就いたら飽きてくると思いますし…。
「向いてない」のがつまらなさから来るものなら、そこは諦めるべきだと思います。

まとめ

そうは言いましても、20代とか比較的若いのであれば、会社を無鉄砲に辞めてもなんとかなりますけどね。

お勧めはしませんが…。

まあやはり向き不向きはありますし、「もっと自分に合った仕事があるのではないか?」という気がしてしまうのは、私はとてもよく理解できますし。

試用期間ですぐ辞めた会社も含めれば、10社近くは私も経験してますよ。
学生時代のバイトも含めれば、20社は行ってると思います。

まあお金を稼ぐだけならどんな仕事でもできるし、色々な仕事を模索してみるのもいいと思いますけど。
ただ会社を辞めると仕事をまた探すのが大変なので、あまり軽はずみに退職するのも考えた方がいいかもしれません。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする