給料安くても楽な仕事がしたい!?今より楽に働く7つのヒント

geralt / Pixabay

  • 給料安くても楽な仕事がしたい!

  • 今の仕事がキツ過ぎて、長く働けそうにない!

  • もっと丁度良く働きたい!

とお悩みの、「給料安くても楽な仕事がしたい」と考えている方のためのページです。

最近は人手不足の会社が増えていることもあって、労働時間が延びている人も多いかもしれません。

残業代が出る会社なら結構稼げるかもしれませんが、あまりに労働時間が長いとお金を使う暇もなくなります。

特に正社員となるとたいてい死ぬほど働かされますし、「給料安くても楽な仕事がいい!」と考えるのは自然な流れかもしれません。

なんとかそんな仕事を見つけるためのポイントをまとめてみました。

⇒妻子持ちだけど仕事辞めたい!?転職成功のための5つの注意点

日本人は世界一、「給料安くなっても勤務時間を減らしたい」

あなたのように「給料安くても楽な仕事がしたい」と考える人は、我が国では珍しくないかもしれません。

世界最大級の人材会社「ランスタッド」が、全世界約20万人に対して行った調査によりますと、「給与が下がっても労働時間を短くしたい」と答えたのは、我が国が全世界で一番多かったようです。

⇒「給与が下がっても勤務時間を短くしたい」という回答、 日本がグローバル比較で1位に |ランスタッド

 icon-exclamation-circle 

最近は日本人の労働時間は減ったとか言われていますが、あれは単純に非正規雇用が増えて、日本人労働者全体では減った…というだけの話です。

非正規が増えればそれを取りまとめる正社員にしわ寄せが行きますし、正社員に限ればほとんど労働時間が変わっていないか、むしろ一部では増加しているのではないか?とも言われています。

統計にはサービス残業などは含まれませんし。

精神疾患での労災認定数は過去最高になったというデータもあります。

日本で正社員になると基本的に死ぬほど働かされますので、そう考えてしまう人が多いのも納得です。

手取り15万程度でいいなら、結構ある

Maklay62 / Pixabay

「給料安くてもいい」と言っても、具体的にどのくらいの金額まで下げられるのか?にもよりますが。

手取り15万とかそれ以下の仕事であれば、正社員でも比較的楽でほぼ定時で帰れる仕事は結構あります。

年収は250万~300万くらいで、上がる見込みは薄いでしょうが…。

 icon-exclamation-circle 

地方の食品工場とかは、給料安いですが繁忙期以外は大体定時で帰れます(会社によりますが)。

工業系の工場だと、急な増産が多かったりして残業はかなり多い傾向にある気がします。

その分稼げますが。

ちなみに私は両方経験あります。

ハローワークに出てるような中小零細企業でも、給料は安いが休みは多かったり、定時で帰れる仕事は結構あります。

給料安いと敬遠されるので、あんまり人も集まらないので受かりやすいです。

といっても、年収200万レベルの可能性が高いことは覚悟しなくてはいけませんが…。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるのもいいと思います。

頭で考えてても、結局今募集されている求人の中から選ぶことになりますし。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

ブルーカラーの仕事のほうが定時で帰れる率高いかも

肉体労働系というか、現場作業系の仕事のほうが、定時で帰れる率は高いと思います。

会社にもよるでしょうが、肉体労働のほうが安全上体を気遣ってもらえる気がします。

結構、中学や高校の同級生でブルーカラー系の仕事に就いた友人は、給料安くても結構定時で帰れてる気がしますね。

むしろ大卒でホワイトカラーの仕事に就いた人のほうが、残業で使い潰されうつ病率が高い気がしますね…。

体を動かすか?動かさないか?でも変わってくるんでしょうけど。

 icon-exclamation-circle 

ホワイトカラー、つまりオフィスワーク系の仕事だと、体動かさないんだからその分働けるだろみたいな価値観が蔓延ってるのではないか?って気もします。

実際は、あんまり体動かさないのも苦痛ですけどね…。

肩や首のコリ、血行不良による冷え性はうつ病の原因にもなるみたいですし。

ブルーカラーの仕事だと「底辺」扱いされたりバカにされがちですが、人間らしい生活はしやすいと思います。

何してるんだかわかんねーホワイトカラー系の仕事より、社会に役立ってる実感も得られやすいと思いますし。

介護職は比較的いいかも

27707 / Pixabay

薄給だのキツイだの言われてる介護職員ですが、週2日はほぼ確実に休めますし、シフトが決まってるのでほぼ定時で帰れます。

夜勤の日は16時間くらい拘束されますが…。

ですが夜勤入り、夜勤明けで二日勤務したことになって手当てもつくので、自由に使える時間は普通に二日働くより多いです。

二日分ぶっ通しで働く感じですから、通勤や退勤の時間が一日分に圧縮できますし。

夜勤明けの日の次の日は休みですから、寝なければ一日分の休み扱いで二日分休みみたいなものです。

夜勤を一ヶ月で何回かやって手取り15万、ボーナスも大抵出るので年収250万~300万くらいです。

夜勤の回数と、ボーナスの額によって年収は変動します。

ただ訪問介護やデイサービスの職場だと夜勤手当てが稼げないので、手取り10万ちょっとくらいになることもザラです。

 icon-exclamation-circle 

私は給料安いので一年くらいで辞めましたが、最悪食いはぐれたらまたやるかもしれません。

人手不足なので、すぐに仕事が見つかるのはメリットとしてでかいと思います。

施設によっては給料安かったり、人間関係が魔界のようだったりしますが、そういうハズレ施設の場合はすぐに辞めても他に行けるという事です。

まあ、向き不向きはありますけど。

でも中年のおばさんパートでも勤まってる仕事なので、慣れや人間関係次第だと思います。

40代以降の人でも正社員採用されやすいですし、出世もしやすいです。

下手なブラック企業に行くよりは、だいぶマシな生活ができると思います。

妻子がいる人は、空いた時間で副業すればなんとかなります(やってる職員多い)。

生活費を下げられれば、バイト程度の給料でも暮らせる

今は給料もなかなか上がらない時代ですので、給料を上げる努力をするよりは生活費を下げる努力をしたほうがいいと思います。

そっちのほうが手っ取り早いですし、工夫次第でかなり下げることも可能なので面白さもあります。

特に、日本は累進課税方式ですので、稼いだらその分税率が上がって、頑張った分が割に合わなくなっていきますし。

収入が低すぎると国民年金の支払いが免除になったり(しかも半分は貰える)、住民税が非課税になったり、国保の金額が劇的に落ちたりします。

ほぼお金がかからない生活をして、稼ぎは年間数十万程度で収めれば、貯金もできてる人いるようです。

それでいて社会保険や行政サービスも享受できるわけですから、フリーライダー(タダ乗り)とか言われて批判されたりもしますが…。

 icon-exclamation-circle 

住居費は最近空き家が増えていますので、家主と交渉して空き家をタダ同然で借りてる人は結構いるようです。

田舎の空き家なんて誰も欲しがりませんし、取り壊したら固定資産税上がるし、住まなくなったら老朽化は早まるし、タダみたいな金額でも住んでもらいたい家主は結構いるでしょう。

まあ、信用できる人物だと思わせて、個別に交渉する必要がありますけど。

光熱費系は努力次第でほぼタダみたいな金額に抑えられますし、田舎なら食料もある程度自作して賄うことも可能です。

家族がいるとキツイですが、独身なら全然行けます。

非正規でもいいなら、たくさんある

skeeze / Pixabay

今の時代正社員になるとたいてい死ぬほど働かされますので、非正規でもいいなら「給料安くてもいいから楽な仕事」はたくさんあります。

ただ、男性の場合世間体が悪すぎるのが最大のデメリットですが…。

女性は非正規が普通みたいな感じですが(女性は若年世代でも半分以上非正規)、男性が非正規ですとどうしても半人前扱いされたり、ダメ人間扱いされたりしますね…。

男性差別以外の何物でもないと思うんですけどね。

そんなことしてるから、正社員の仕事がきつくても「ニートやフリーターになるくらいなら」と自ら死を選ぶ人までいます。

 icon-exclamation-circle 

ただまあ、世間体の問題さえクリアすれば、非正規でもなんとかなると思います。

労働人口が減ってく世の中で、ただでさえ非正規なんて人材が集まらなくて困ってますから。

「フリーターなんて、中年になってクビになったら仕事見つからないぞ!」とかよく言われますが、今は高齢者すら活用せざるを得なくなってるので普通に見つかります。

従業員500人以上の会社で一定時間以上働いているなら、社会保険にも入れるようになりましたし。

つまりはフリーターでも厚生年金に入りやすくなったということです。

ただとにかく世間体が悪いので、それほど儲からなくてもいいので何か小さなビジネスを立ち上げたり、自営業になったりして、非正規の仕事は副業扱いみたいにできるといいかもしれません。

肩書きを二つ持つ感じです。

たくさん稼いでも、使う暇がないと意味がないので…

あなたは今、結構労働時間が長い会社に勤めているのかもしれません。

それで結構稼げているのかもしれませんが、お金をたくさん稼いでも使う暇がなければ意味がないと思います。

使う暇をなんとか捻出できても、それを楽しむ余裕もなければつまらないでしょうし。

ワークライフバランスが実現されて丁度良く働けないと、どんな好きな仕事も給料高い仕事も、嫌になると思いますよ…。

他人より少しばかり高い給料を貰ったところで、税収が増えて税務署や国は喜ぶかもしれませんが、高い給料を稼ぐためには大抵その分頑張って働かなくてはいけません。

であれば、給料安くても労働時間が短かったり、比較的楽な仕事を探すのは理に適っていると思います。

 icon-exclamation-circle 

ベトナムの留学生にすら、日本人の働き方はおかしいとか言われてますからね…。

日本人は何のために働いてるのか

なので今「給料安くても楽な仕事がいい」と思ったあなたの感覚は正常だと思います。

楽って言っても、日本人って時点で世界基準では真面目で勤勉過ぎるくらいなんだから。

まとめ

家族がいるなら、頑張って死ぬ思いをしてでもキツイ仕事に耐えなくてはいけませんが…。

独身でそんなにお金使わないのにバリバリ働いてる人は、ちょっと何考えてるのかわかんないです。

仕事が好きなのかもしれませんけど。

給料安くても支出をコントロールすれば別に普通に暮らせるし、将来の備えや貯金もできます。

意味もなく長時間キツイ仕事に耐えて稼いでどうすんだ?って気もしますし、楽な生活スタイルをしたいなら、今動き始めましょう。

やり方次第で、なんとかなります。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする