喧嘩別れで退職!?その後の転職、社会人生活で不利にしない7つのヒント

mary1826 / Pixabay

  • 前の会社は上司と喧嘩別れして退職した!
  • 正直、円満退職とはほど遠い…
  • でも、あんな辞め方してこれから次の仕事見つかるのかな?

とお悩みの、前の会社を喧嘩別れして転職してしまった方のためのページです。

私自身は喧嘩別れしたことはありませんが、私の周りでは何人かいますね…。

私の親も、喧嘩別れして会社辞めてたことがありましたし、身近で見ていたのでよくわかります。

最近は労働者をゴミ扱いするブラック企業が増えてきていますから、あなたのような辞め方をしてしまう人も珍しいものではないかもしれません。

ですが普通に考えれば、そんな変な辞め方をしてしまうと、その後の社会人生活をうまくやっていけるのでしょうか?

その後転職活動や、社会人生活をフ不利にしないためのポイントをまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

転職活動の際、退職理由は適当に捏造する

あなたはもしかしたら、その会社を喧嘩別れして辞めて、今は無職なのかもしれません。

その場合、これから転職活動して新たな仕事を探すことになると思いますし、もう次の仕事を探し始めているかもしれません。

ですが、その喧嘩別れした会社の退職理由については、絶対に適当に捏造するようにしてください。

だって、「前の会社は上司と揉めてしまい退職しました」なんて言えますか?

別に言っても構いませんが、そんなことを面接の場で行ってしまったら、100%の確率で落とされてしまうでしょう。

会社としては、「喧嘩別れして辞める人間なんて、トラブルの元だ!」ぐらいに考えていますからね。

そんな面倒な人間と働きたがる人間なんてほとんどいませんよ。

 icon-exclamation-circle 

なので、退職理由については何か通りのいい理由を適当に捏造してデッチ上げてしまいましょう。

例えば、

  • 「やりたい仕事ではなかった」
  • 「サービス残業が多く、給料が見合ったものではなかった」
  • 「勤めていた部署が閉鎖されてしまい、リストラされてしまった」

等々。

言い方についてはトゲが出ないように取り繕う必要がありますが、とにかくこちらには非がなかった、被害者なんだというふうに取り繕うことです。

未だにこの国では転職についてネガティブな考えを持っている人も多く、「転職=逃げ」と考えている人も多いからです。

とにかく、「できれば前の会社で働き続けたかったが、自分の人生を考えたときにここではだめだと思った」みたいに、被害者ぶることです。

結構難しいんですけど、面接官を納得させられる言い訳を捏造できるのであれば何でも構いません。

とにかく正直に「前の会社とは喧嘩別れして辞めました」なんて馬鹿正直に言ったら、絶対落とされます。

ウソも方便ですので、何か適当な理由を頭を絞って考えてみてください。

営業職などの社外に出る機会が多い仕事は避ける

geralt / Pixabay

そんな喧嘩別れしてしまった会社となると、これから接触する機会があるとマズイです。

なので、極力会社の中で働ける内勤の仕事に就いた方が良いでしょう。

営業職などですと、社外の人々と会う機会が多いですから、前の会社の関係者に会ってしまうこともあるでしょう。

特に喧嘩別れした人間なんて、その前の会社内では噂話として騒がれているはずです。

そういった大事件があると、多くの人々は面白おかしく自分の友人や家族にも話す傾向にあります。

つまりは、あなたのことがどこから漏れるか分からないですね。

 icon-exclamation-circle 

人に会う機会が多いほど、前の会社のことをぽろっと言ってしまったときに、あなたと結び付けられてしまう可能性が高くなるのです。

例えば営業で取引先と飲みに行って、つい前職の情報漏らしてしまった場合、

「あの会社、喧嘩別れした凄い社員がいたって聞いたけど、もしかしてあなたなの!?」みたいに、感づかれてしまう可能性もあります。

カンが鋭い人間というのは、猛烈に鋭かったりしますからね…。

世間は案外狭いですので、そういった人に会わないとは限りません。

適当に前の会社の退職理由を捏造して仕事につけられたとしても、そんな感じでばれてしまってはクビになってしまう可能性が高まるでしょう。

極力、前の会社の人間に近しい人と出会う機会がある仕事は避けるべきです。

前職調査されたらばれる可能性も…

これ、個人情報保護法が施行されてから違法になってしまったんですが…。

未だに、「この転職者の前の会社に電話して、どんな人だったか聞いてみよう!」みたいに、前職調査を行う会社もあります。

普通の会社はそんなことしないんですが、モラルの低い会社ですと、どうなるかわかりません。

まあ、そんなことをする会社に当たってしまった時点で、入社してからも面倒ですからいいと思いますけどね。

 icon-exclamation-circle 

ただ、受ける会社が大企業とか、金融系とか警備会社などの信用が第一とされる会社ですと、厳しく前職調査される可能性もあります。

その場合は、前職調査をすることに同意させる書類にサインさせられますね…。

そういった会社の場合は、ご縁がなかったと思って諦めるしかありません。

まあそんな会社は極一部の業界や一握りの会社ですので、あまり神経質に考えることも無いかもしれませんが。

まだ転職活動を始めていない場合、すぐに始める

geralt / Pixabay

もう次の仕事で働きはじめているのであれば構いませんが…。

前の会社を喧嘩別れして辞めてからまだ無職なのであれば、すぐに転職活動始めたほうがいいと思います。

空白期間が空いてしまうと、次の転職活動で不利になってしまいますからね。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「転職活動しよう」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

離職票源泉徴収票がもらえない可能性も…

もう既に退職の手続きが住んでいる方は読み飛ばして構いませんが。

まだ喧嘩別れしたばかりの方の場合、まだ退職の正式な手続きや、退職後社会保険の手続きなどが済んでいないかもしれません。

そういった方の場合、喧嘩別れした場合だとスムーズにいかない場合が多いです。

具体的には、

  • 離職票がもらえない
  • 源泉徴収票がもらえない
  • 退職金がもらえない
  • 社会保険の喪失手続きをしてもらえない

等々。

特に社会保険の喪失手続きを早くしてもらわないと、いつまでたっても社会保険料が発生し続けます。

給料はゼロ円なのに、社会保険料だけあなたに請求がくる可能性があるのです。

もうやってるんだったら別に構いませんけど…。

 icon-exclamation-circle 

離職票がもらえないと失業保険の手続きができませんし、退職の証明書がないということになります。

失業してしまうと国民年金の支払いが免除になったり、国民健康保険の金額を安くできる可能性もあります。

ですがそういった場合にも、離職票が必要になるんですね。

まあ、会社側が嫌がらせで発行してくれないのであれば、ハローワークがしぶしぶ発行してくれますが…。

源泉徴収票をもらえないと、確定申告や年末調整ができませんので、税金の還付が受けられません。

会社側に発行する義務がありますので、しつこく催促するしかないでしょう。

まぁ税務署に何か言われたら、会社側も脱税の疑いありということで、税務署のガサ入れが入るかもしれませんけどね。

まあ一番大きいのは離職票ですね。

これから会社を辞めて無職になって次の仕事探す場合、失業給付がもらえないのは致命的です。

何が何でも離職票だけは手に入れるようにしましょう 。

二度と喧嘩別れしないよう、反省すべきところは反省する

geralt / Pixabay

有能なあなたが喧嘩別れして辞めざるを得なかったなんて、前の会社は相当ひどい会社だったのでしょう。

ですが、あなた側の過失も0パーセントではないでしょう。

もしあなたが側に、喧嘩別れすることになった原因が少しでもあるのであれば、その原因を今のうちに潰しておいたほうがいいかもしれません。

そうでないと、また次の会社でも喧嘩別れせざるをえなくなる可能性もありますから。

原因が取り除かれなければ、何度でもそういった事態が起こりうる可能性があるのです。

あなたももう、喧嘩別れなんてしたくないでしょうし。

徹底的に過去を省みて、「自分に悪いところはなかったか?」考えてみましょう。

原因を追求して再発防止策を立てたら、後は忘れることです。

酒でも飲んで全部忘れてしまいましょう。

人間関係がいいホワイトな職場を探す

正直、そんな喧嘩別れして退職せざるを得ないような状況になるなんて、かなり人間関係が悪い会社だったのではないでしょうか?

人間関係が悪かったり、労働時間が異常に長かったり。

そんな悪質な会社に勤めていては、喧嘩別れせざるを得ない状況になってしまうのも当然の成り行きです。

でしたら、もっと人間関係がよく労働環境もいい会社に転職したほうがいいと思います。

多少給料が下がってしまっても、朗らかに働くことができる会社のほうがいいに決まってますからね。

  

ただ、会社など入ってみなければわからないため、「最初の話と全然違う!」ってことがよく起こりがちです。

あなたも前の会社が、そんなにきつい会社だとは思っていなかったはずです。会社なんて、入社前は良いことしか言いませんからね。

極力望む条件の仕事を見つけたいなら、転職エージェントを活用するといいかもしれません。

エージェントを使えば、望む条件の仕事を探してくれます。

エージェントは転職者を転職成功させることで企業からお金を貰う成功報酬型のビジネスですが、転職後すぐに辞められてしまうと返金規定があったりして儲からないので、最大限希望を叶えてくれます。

時間がない人でも、交渉次第で平日夜とか土曜に面接を入れてくれたりもするので、転職したいなら積極的に活用していきましょう。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

まとめ

喧嘩別れしてしまったのは仕方ありません。

再発防止策をたてたら、後は忘れてしまうことです。

ただ、前の会社の人間に会ってしまったら何を言われるか分かったのではありませんので、極力ほとぼりが冷めるまで大人しくしておいた方が良いでしょう。

特に次の仕事が人にたくさん会う仕事ですと、どこからばれるか分かったものではありません。

喧嘩別れしたことは隠して、そんな喧嘩別れしなくても済むような労働環境の良い会社を探しましょう。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする