【給料未払い】会社が倒産しそう!路頭に迷う前に行うべき6つの対策

geralt / Pixabay

  • 会社が倒産しそう!
  • このままでは路頭に迷ってしまう!
  • 一体どうしたらいいの!?

とお悩みの、倒産しそうな会社に勤めている方のためのページです。

最近は長引く不景気で、勤め先の会社の倒産を経験している人もあまり珍しくはないのかもしれません。

ですが倒産して困るのは、「路頭に迷うのではないか?」という不安ですよね。

働かなくてはお金を稼ぐことはできませんが、その勤め先がなくなりそうということですから。

 何とか路頭に迷う前に行うべき対策をまとめてみました。

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

希望的観測は危険

あなたは恐らく、会社の役職者でもなんでもないでしょう。

会社の役員などですと、もっと早く倒産の前兆について知れたかもしれませんが…。

 icon-exclamation-circle 

ですがあなたのような平社員が、会社の倒産を知っている時点で…。

もうその会社はダメだと思います。

こういうのはどこの会社でも、ぎりぎりまで隠しておくものです。

社員の退職ラッシュが起きてしまったら、本当に倒産が確定してしまいますから。

なので、本当に会社は倒産すると思っておいたほうがいいですね。

希望的観測をしても裏切られる可能性が高いです。

今の会社に、変な希望は抱かないようにしましょう。

今後の方針を決める

bykst / Pixabay

会社が倒産する前に、今後の方針を決めておいた方がいいかもしれません。

倒産して無職になってしまうと、時間が経つのはあっという間です。

なので、今後の行動方針を決めておいた方がいいかもしれません。

まあ、

  • すぐ次の仕事を見つける
  • しばらくゆっくりする

このどちらかだと思いますが。

あるいは、「この機会に、ずっとやりたかったことをやる」みたいな人もいるかもしれません。

とにかく時間は有限ですので、早め早めに今後の方針を決めて、行動を起こしていったほうがいいと思います。

すぐ次を見つけたいなら転職活動を

できるだけすぐに次の職場を見つけたい場合は、今すぐに転職活動を始めたほうがいいと思います。

まぁまずは、とりあえず転職サイトに登録して求人を見てみるといいかもしれません。

あなたもまさか、会社が倒産すると思っていなかったでしょうし。

まだまだ、転職する心の準備できていないかもしれません。

そういった手軽なところから、スタートしたほうがいいと思います。

まずは転職するために体を慣らしていくことが重要です。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職可能性がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

スカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

あなたの転職力、 診断します!@type

未払い給料があれば保証される

melodiustenor / Pixabay

会社が倒産しそうということは、給料が未払いになっている可能性もあります。

そうでない方は読み飛ばし取れて構いませんが。

給料が未払いになっている場合、国が用意してくれた「未払い賃金立替払制度」を利用することができます。

これを利用すれば、88万円から296万円までを限度に、未払い賃金を立て替えて支払ってもらうことができます。

年齢によって限度額は変わってきます。

 icon-exclamation-circle 

会社が倒産するような状況ですと、 大抵の場合は会社の銀行口座にお金をほとんどなくなっていますからね。

社長などの役員は、もう開き直っている可能性が高いです。

「無い袖は振れないよ! 給料は払えないよ!」なんて考えているかもしれません。

そういう場合は、この制度を使うことである程度保障されます。

倒産ならすぐ失業給付がもらえる

自己都合退職の場合は、3ヶ月経たないと失業給付がもらえないのですが。

倒産の場合は別です。

 icon-exclamation-circle 

倒産の場合は、特定失業者という扱いなります。

なので、すぐに失業給付をもらうことができるのです。

これで、しばらくは生活は保障されます。

なので倒産しそうだからといって、即路頭に迷うということもないと思います。

失業給付を伸ばすなら、職業訓練もアリ

職業訓練を受ければ、失業給付の期間を延長することができます。

あなたもまさか、自分の会社が倒産するなんて夢にも思っていなかったでしょうし。

「今後どういう仕事をするのか?」なんて、まったく考えていなかった人が多いことでしょう。

 icon-exclamation-circle 

なので、しばらくの間職業訓練を受けながら今後のことを考えてみるのも手段の1つです。

まあ人によっては、すぐに再就職するよりも失業給付を限界までもらった方が、たくさんお金がもらえる人もいるでしょうし。

中高年ぐらいの方にとっては、職業訓練というのは割とメジャーな選択肢だと思うのですが。

若い人ですと、職業訓練校の存在自体知らなかったりもします。

こういうことを知っているかどうか?で、もらえるお金も違ってきます。

 使える制度は使っていきましょう。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする