会社に嫌気がさしてやめたい!さっさと辞めるか判断するための6項目

StockSnap / Pixabay

  • もう今の会社には嫌気がさした!

  • こんなクソ会社ではもう働きたくない!

  • ああ、もう辞めるべきだよなぁ!?

とお考えの、今の会社に嫌気がさした方のためのページです。

あなたの気持ちが一時的なものでなければ、そのまま辞めてしまう人も多いですが…。

たいていのサラリーマンは、そういう気持ちを抱えながらも無理して働いていますね…。

ですが、あまりにイヤだと精神を病んでしまったりしますし、あまりいいことはありません。

一体どうしたらいいのでしょうか?

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

若くてすぐ仕事が見つかりそうな場合

今の会社をやめてもすぐに同じぐらいの待遇の仕事が見つけられるのであれば、すぐに辞めてもいいかもしれません。

すぐ次が見つかりそうならば、今の会社にしがみつく理由が薄いということです。

特に若い方であれば、仕事を選ばなければすぐ見つかるでしょう。

別に辞めてしまっても構わないかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

年収300万程度の会社なら割とすぐ見つかります。

その程度の年収であれば、あまりしがみつく理由も薄いかもしれません。

しかし、中高年の方の場合はすぐに仕事を見つけることが難しいかもしれません。

特に、今の会社以上の待遇の会社をまた探すとなると、かなり難しいかもしれません。

最近はバイト程度であれば、中高年の方でも見つかる可能性が高いです。

ですがそこそこの待遇の会社となると、中高年の方はほぼ見つからないのが現状です。

⇒会社をやめても、派遣やバイトで食っていくためのポイント6つ

しばらく生活ができるほどの貯金がある場合

しばらく生活できるほどの貯金がある方の場合は、すぐに仕事をやめても生活に困ることはありません。

あまりに今の会社に嫌気がさしたのであれば、今すぐ辞めても構わないと思います。

 icon-exclamation-circle 

自己都合退職ですと3ヶ月間の待機時間があります。

なので、最低でも3ヶ月間は生活できるほどの貯金があることが必須です。

これがないと、嫌気がさしてもやめないほうがいいですね…。

失業保険さえ貰始めれば、職業訓練校に通い始めることで訓練期間中は失業給付が延長されます。

まあ1年近くは生活することができると思います。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

もちろん、生活はできても「その後どうするのか?」という問題はあります。

ですがまあ、しばらく猶予期間ができます。

今後のことをゆっくり考えることができます。

とは言いましても、無職になってしまいますと一日が過ぎていくのはあっという間です。

辞める前に、ある程度今後どうするのか?の方針は決めておいた方がいいとは思います。

とりあえず転職活動をはじめてみては

遅かれ早かれ仕事は探すことになると思います。

まだ始めていないのであれば、転職活動を今すぐ始めてみるのがいいかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職可能性がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

スカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

求人を見るだけでも、「今後どういった会社に行ける可能性があるのか?」ということは知ることが出来ます。

あまり良くない会社しか無いのであれば、会社を辞める事を思いとどまるかもしれませんし。

次が見つかると思って会社を辞めてはみたものの、ろくな求人がなく前の会社の方がマシだった…なんて状況になってしまっては目も当てられませんからね。

特に田舎ですと、「嫌気がさしたから会社辞めてやったよ!」となったはいいものの、ろくな会社がない…ってなりがちです。

【地方】ド田舎過ぎて仕事がない!薄給でろくな求人がない時の解決策

辞めるのはいつでもできる

geralt / Pixabay

民法では、退職の2週間前に辞める意思を伝えればいい」とされています。

最短2週間あれば会社を辞めることができます。

⇒今すぐ仕事をやめたい!会社を確実に辞める方法2つと5つの注意点

 icon-exclamation-circle 

会社としては貴方が辞めた穴を埋めなければなりません。

  • 新しい人を雇ったり

  • 他の部署から社員を異動させたり

とにかく何らかの対応しなければならないので、面倒になります。

なのでよほど酷い社員でなければ、引き留めにあう可能性が高いです。

とはいえ辞める意思が固まっているのであれば、もういいです。

「次が決まった」とか適当なことを言って、すぐ辞めてしまうのもアリです。

私が以前勤めていた会社でも、「会社に嫌気がさしたから、次を見つけたので辞めます」と、1週間後にはもうやめてしまっていた社員もいました。

結局は本人がどうしたいか?だと思いますよ。

会社の内情を変えるのは難しい

嫌な会社でも「中から頑張って変えていこう!」とする人もいますが…。

正直かなり難しいと思います。

あなたが入社する前もそうやって頑張っていた社員もいたかもしれません。

多分いたと思いますが、今そんな状況になっているのですから無理だったということです。

 icon-exclamation-circle 

そんなところに無駄なエネルギーを割くよりは、勤め先の会社を変えてしまった方が遥かに手っ取り早いと思います。

つまりは転職しろってことです。

上司に相談すれば、とりあえず話は聞いてくれるかもしれません。

ですが、具体的に何かやってくれるということはないと思います。

口では「何とかする」と言うかもしれませんし、実際にしばらくは変わる可能性はあります。

ですが、しばらくすると元通りになってしまうでしょう。

会社というのは所詮人の集合体でしかありませんから、勤めている社員を根本的に入れ替えないと、変えることは難しいと思います。

働くことにも嫌気がさしてきている方は…

Myriams-Fotos / Pixabay

嫌気が指しているのが今の会社だけならばいいのですが…。

働くこと自体に嫌気がさしている人もいるかもしれません。

  • 「定年まで働くなんて考えられない」

  • 「地獄のような労働を続けるなら死んだ方がマシ」

  • 「もっと労働環境のいい国に生まれたかった!」

みたいな。

ですがよほどの資産がある人でないと、働くことからは逃れられません。

一時的に仕事を辞めても、また働くことになるでしょう。

  icon-exclamation-circle  

でしたら、もう少し楽なワークスタイルを目指すのもアリです。

具体的には、家で働けるようなワークスタイルを追求するとか。

 

ネット系とかエンジニア系の仕事ですと、結構在宅勤務制度を導入し始めてる会社が多いです。

こちらの転職サイトなら、ネット系の会社の求人を探すことができます。

フェイスブックアカウントがあればはじめられるので、手軽です。

⇒待つだけ転職活動!【switch.】

ネットやIT系の仕事なんて、パソコンとインターネット環境があればどこでも仕事できますからね。

企業からのスカウトを待つ形で転職活動できるので、気楽にはじめられます。

 

人生に閉塞感を感じているのであれば、 チャレンジしてみるのも大いにありだと思います。

 

まとめ

転職はできるだけ早い方が、若い方が有利です。

今嫌気が差しているのであれば、転職をしてしまった方がいいかもしれません。

一時的に解決したとしても、必ずまた嫌気がさして来ると思いますので。

今の会社に嫌気がさしている原因を根本から解決しないと、また問題は表面化します。

一時的な対症療法では意味がないのです。

一度離れた心は、元に戻ることは難しいでしょう。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする