今すぐ仕事をやめたい!会社を確実に辞める方法2つと5つの注意点

geralt / Pixabay

  • 仕事が辛すぎ!すぐやめたい!

  • まるで奴隷だ!もうオサラバしたい!

  • 早く自由になりたい!開放されたい!

という、即刻今の会社との縁を切りたい方のためのページです。

色々考えるとなかなか会社を辞める勇気も出ないと思います。

しかし、別に会社を辞めること自体はカンタンです。

確実に会社を辞める方法2つと、会社を辞める際の注意点を5つ紹介します。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

今日会社とオサラバする方法

skeeze / Pixabay

  • もう一秒たりとも会社にいたくない!

  • 直ちに会社を辞めたい!

  • 今日限りで会社と縁を切りたい!

という方は、必然的に強引に会社を辞めることになります。

正規の手続きを踏んで辞めたほうがいいのは言うまでもないのですが、今すぐ辞めたいのですから仕方ありません。

会社をバックレれば、もう今日からイヤな会社とはオサラバできます。

ちなみに私は、正社員の仕事もバックレたことがあります(試用期間中でしたが…)。

出社拒否で退職!?退職手続きを郵送で済ませる5つのポイント

 icon-exclamation-circle 

退職届、保険証、社員証などを会社のデスクに置いておくか、郵送で送りつけるとかして、一ヶ月くらい旅行にでもいきましょう。

せっかくですから海外旅行にでも行くとか、お遍路にでも行って自分探しをするのもいいかもしれません。

しかし長く勤めていた会社ですと、「事件に巻き込まれたのではないか」と心配されます。

書置きしておくとか、とにかく自分の意思を伝える工夫はしておきましょう。

「もう疲れたのでしばらく旅行に行ってきます」とか。

懲戒解雇される可能性は?

しかしバックレをするということになった場合、「懲戒解雇されるのではないか?」と心配な方も多いと思います。

ですが懲戒解雇されたとしても、ペナルティは限定的です。

言わなきゃバレない、バレなきゃ問題ないって感じではあります。

⇒懲戒解雇された!?その後の転職活動で不利にしない12の注意点

まあ長く勤めた会社の場合、バックレなんて辞めたほうがいいと思いますけどね…。

まだ入ったばかりの会社で、求人票にウソばっかり書いてあった会社の場合は、別にいいと思いますよ。

私も求人票にウソばっかり書いてあった会社は数日でバックレたことありますし、前いたブラック会社でもすぐバックレた新人は何人か見たことあります。

まあバックレ自体、非人道的だからあまりお勧めはできないですけどね。

そこの社員とまた遭遇する可能性もありますし。

ですがあまりにもキツい会社の場合、「最悪バックレればいいや」くらいの逃げ道は用意しておいたほうが、精神的に安定します。

二週間で会社とオサラバする方法

marcoreyesgt / Pixabay

民法の規定では退職の2週間前に退職の意思を伝えれば良いとされています。

なので、合法的には最短2週間あれば会社を辞めることができます。

「次の仕事が決まった」とかなんとか適当なことを言って、強引に退職するように持って行きましょう。

 icon-exclamation-circle 

私の以前勤めていた会社では2週間どころか、 僅か1週間前に「会社を辞める」と言い出して、翌週からはもう次の会社で働き始めていた人がいました。

次の会社が本当に決まっているかどうかは今の職場の人間は知りようががありません。

なので、次が決まったとデッチあげてでも、強引に辞めて構いません。

というか、できるだけ早く会社を辞めるとなると、必然的に強引にならざるを得ません。

じゃないと絶対「引き継ぎしろ」とか「無責任だ!」とか色々言われますから。

なかなか辞められなくなってしまいます。

ただ、 そうやって退職理由をデッチ上げたりして強引に会社を辞めることについては、当然リスクもあります。

会社をすぐ辞める際の注意点を説明します。

①辞める前に。次は決まっていますか?

Peggy_Marco / Pixabay

会社を辞めるのはいいのですが、次の仕事のアテはありますでしょうか?

辞めてからの転職活動は、転職市場価値が著しく低下します

転職活動で足元を見られる機会も増えるでしょうし。

できるだけ、次の仕事を決めてから辞めるのが無難です。

まだ転職活動をはじめていないのであれば、今すぐ転職活動をはじめたほうがよいでしょう。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

ブランクができてしまうと、転職活動はかなり不利になります。

まぁまずは、転職活動を始める事ですね。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職可能性がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

スカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

②次が決まっていない場合、辞めて生活できるか?

RyanMcGuire / Pixabay

失業給付をもらえば当面は生活できますが、今回の貴方のように自分から辞める場合、自己都合退職になります。

となると、三ヵ月たたないと失業給付が貰えません。

それに、失業給付を貰うとなるとハローワークに失業保険の申請に行かないといけないため、離職票が必要です。

離職票は会社から貰う必要があります。

 icon-exclamation-circle 

バックレた場合、当然会社側とモメるので、離職票を貰えない…なんてトラブルにみまわれることもザラです。

まー、会社側が離職票出さないと最終的にハローワークが渋々発行してくれますが。

ろくに貯金もないような方の場合、まず貯金をはじめたほうがいいと思います。

出費を減らすことでも多少は貯金できるでしょうが、副業をして収入増やしたほうが手っ取り早いです。

会社を辞める前に貯金はいくら必要?最低必要額と5つの注意点

③強引に辞めた場合、離職票が貰えない可能性も

RyanMcGuire / Pixabay

会社を強引に辞めた場合、当然会社とモメます。

つまり、退職の際に必要な書類を貰えないということもザラです。

よくありがちなのは、嫌がらせとして離職票を発行しなかったり、源泉徴収票を発行しなかったりすることです。

これらの書類については、会社が発行する義務があります。

なので、ハローワークなどに相談すれば指導がいきます。

 icon-exclamation-circle 

後は、実際に次は決まっていないのに「次が決まったから辞める」と言って、退職理由をデッチあげて辞めた場合、離職票を送ってくれない可能性が高いです。

私の場合は1回ありました。

次の会社ですぐ働くと偽れば、「離職票は必要ないだろう」と会社が判断して送ってくれないこともよくあるようです。

実際、すぐ次の会社で働くのであれば必要ないですし。

すぐには仕事を探さないと離職票は必要な場合が多いので、辞める前にうまいこと言って、「離職票ください」って言っておいた方がいいです。

ま、「すぐ次の会社で働くなら、離職票なんていらないでしょ?」とか言われる可能性ありますけどね。

それがイヤなら、本当に次の会社を見つけてから辞めるか、失業給付になんて頼らないことですね。

④辞めた後の方針は決まっているか?

geralt / Pixabay

次が決まっていないのに会社を辞めてしまうと、無職になってしまいます。

無職になってしまうと、ダラけてしまい時間が過ぎるのはあっという間です。

もう会社を辞める前から、「三ヶ月以内に絶対転職先決める!」とか、何をするのかの方針は決めておかないとまずいです。

何の方針もアテもなく無鉄砲に会社を辞めてしまうと、時間だけはあるので自分探しとか始めて無駄な時間を過ごしてしまう危険性もあります。

あまりに今の状況がつらいのであれば、即刻逃げ出してしまってもいいでしょう。

しかし、ある程度の方針は決めておくべきと思います。

  icon-exclamation-circle 

まあそうは言いましても、結局すぐに転職活動する羽目になると思います。

あまり豊富な貯金がある人も少ないでしょうし、仕事を辞めるとあまり人に会わなくなるため、寂しさに耐えられずすぐ働き始める人も多いです。

そうはいっても今の会社には多大な不満があるんでしょうし、このまま無理に働き続けても長続きしないでしょう。

結局転職活動する羽目になると思います。

とにかく、面倒な転職活動をスタートさせることからはじめたほうがいいと思います。

こちらの転職サイトなら、フェイスブックのアカウントさえあれば登録できます。

企業からのスカウトを待つ形で転職活動できるので、転職活動の第一歩としては最適だと思います。

⇒待つだけの転職サイト!【switch.】

何にでも言えますが、「まずスタートさせること」が一番エネルギーを使います。

とにかく始めてしまえば、やる気なんて後から出てきますから。

⑤今の状況より悪くなりそうなら、冷静に考えるべき

snicky2290 / Pixabay

あまりに今の職場が酷く、病気になるかもしれない…なんて状況であれば、お金があろうとなかろうと即刻辞めたほうがいいとは思います。

派遣会社にでも登録すれば割とすぐ派遣の仕事くらいなら見つかりますし、最悪バイトでもすれば食いつなげますから。

月20万くらい稼ぐことは、今の会社を辞めてもそれほど難しいことではありません。

⇒会社をやめても、派遣やバイトで食っていくためのポイント6つ

 icon-exclamation-circle 

しかし、そこまでではないけど……という方であれば、ちょっと思いとどまったほうがいいかもしれません。

会社から脱出できたと思ったら孤立無援で生活できない…なんて状況になると、今よりも状況が悪化してしまいます。

今はしたくもない嫌な仕事をする毎日ですが、給料は毎月もらえますから(給料不払いの状況に陥っている会社であれば、即刻やめましょう!)。

今よりもいい状況にするためには、

  • 転職エージェントを利用して在職中に転職先を探す

  • 辞めても生活できるよう貯金する

  • 副業して生活費くらいは稼げるようになっておく

など、先を見据えて戦略的に行動していく必要があります。

正直大変ですが、今の日本社会ではそれが現状です。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

他国では失業給付が何年ももらえたりして恵まれているのですが……日本は失業者に厳しい国です。

無鉄砲な行動は命に関わってしまうのです。

一度落ち着いて、賢明な判断を下すことをおすすめします。

まあ、とりあえず金があればなんとかなりますけどね。

まとめ 決断は早いうちに

geralt / Pixabay

会社を辞めること自体は簡単です。

最悪あなたが出社しなければいいだけの話ですから。

ただ、面倒なことになる覚悟は必要ですが…。

一番ダメなのは、「このまま嫌々ダラダラ働き続け、結局辞める」みたいなパターンです。

それなら、今辞めて他に行ったほうがマシです。

若ければ、もっといい会社に行ける可能性がありますからね。

人生短いので、行動は早いほうがいいと思います。。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする