【受からない】人手不足なのに不採用!活躍出来ない場合の5つの対策

  • 人手不足って言ってたのに不採用にされた!

  • 世の中人手不足って言ってるのに嘘なの!?

  • 私活躍できないじゃねーか!日本しね!

とお悩みの、世の中では人手不足と叫ばれているにも関わらず、全く採用されない方のためのページです。

あなたのようになってしまう人も今の世の中珍しくありません。

人手不足と言っている割に、未だに就職難と言う人もいます。

矛盾していますよね…。

ですがそれには理由があるかもしれませんし、あなたにも問題があるかもしれません。

何とかするための方法まとめました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

大手企業ばかり受けていませんか?

 新卒の就職活動や、若者の就職活動でありがちなのですが。

 大手企業や、有名企業ばかり狙って受けていませんか?

そんな小学生でも知っているよな会社を受けたら、みんな受けるので倍率がものすごいことになります。

 いくら有効求人倍率が上がって来ているといっても、そんな有名企業ばかり狙っていては落ちてしまうのも当然です。

中には

  • 「中小企業に未来はない」

  • 「中小企業に入るのは親不孝」

  • 「無名な会社に入るなんて恥ずかしい」

なんて考えて、大企業ばかり狙う人がいます。

ですが、ちょっとプライドが高すぎるのではないでしょうか?

 icon-exclamation-circle 

有名企業に入れる人は、当然ながら数が限られています。

そもそも、世の中の会社の9割以上は中小企業ですし。

中小企業で働いている人のほうが多いんです。

大手や有名企業ばかりになっているのであれば、中小企業にも目を向けてみたほうがいいかもしれません。

ただまあ、確かに中小企業だと同族経営のブラック企業率は飛躍的に上がるんですけどね…。

そんなこと言ってたら仕事なんて見つかりません。

→同族経営はブラックだから辞めたい!?経験者がその実態を教えます

業種、職種による

あるいは、人手不足かどうかは業種や職種にもよります。

介護職などは未だに人手不足です 。

リーマンショックの直後などは、介護職などにも応募が殺到していました。

仕事がそれほどなかったからです。

ですが、今は有効求人倍率が回復してきたこともあり、介護職の未来に絶望したベテラン介護士が、異業種に転職してしまうケースも増えてきています。

そして何より、高齢化社会の影響を受けて、介護施設はバンバン建っています 。

そんな中、 職員が確保できないから施設を閉鎖せざるを得ない施設も出てきています。

もちろん地域によっても違ってきますが。

 後は、 職種にもよりますね。

 いまどき事務職なんて志望していたら、 狭き門なのは確実です。

事務職なんて、直接利益を生み出す部門ではありません。

それでいて、システム化やコンピューターのプログラミングで、自動化もしやすい分野です。

会社としては、そんな利益を生まないような事務職なんていらないんです。

事務職だけ、求人倍率はものすごく高いですよ。

そういった背景も考えていかないといけません。

会社にもよる

 あるいは人手不足なのにも関わらず、担当者がえり好みして落とすような会社もあります。

 現場では「早く誰でもいいから入れてくれ!」と思っていたりもします。

ですが、担当者がえり好みしてしまい、落としてしまって人が入ってこないのです。

特に、リーマンショック後の買い手市場を経験していると、なかなか感覚が切り替えることができません。

 icon-exclamation-circle 

あの時は、バイトでも結構人が殺到していて、仕事を探すのが大変でしたからね。

会社側としては、スペックの高い人でも選び放題でした。

今はそんな殿様商売みたいな感じでやっていたら、人が集まりませんよ。

景気なんて常に変動しているんですから、 去年の感覚が今年も通用するとは限りません。

正社員狙いだと少し大変

あなたが正社員を探しているのか、非正規の仕事を探しているのかはわかりませんが。

正社員狙いだと少し大変かもしれません。

2016年5月の正社員の有効求人倍率は、0.02ポイント上昇の0.87倍になりました。

前月に引き続き、2004年11月の調査開始以来過去最高です。

※2017年6月追記:2017年4月には、正社員有効求人倍率も0.97倍にまで回復しました。

このデータは見ればわかるとおり、正社員希望する人が全員なれるわけではありません。

有効求人倍率が1以上であれば、確実に全員に行き渡るほどの仕事があるのですが、正社員に限って言えばそうではありません。

とは言え、正社員以外の求人も入れれば、仕事のない沖縄以外はほぼ1以上の有効求人倍率がありますけどね。

正社員にこだわらなければ仕事はあるのは確かです。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

都道府県にもよる

仕事がない都道府県ですと、正社員の有効求人倍率は0.5とか0.6とかもザラです。

仕事のない沖縄に限っては、正社員有効求人倍率0.4以下です。

それでも正社員以外も含めると、0.9以上にはなるのですがね。

 icon-exclamation-circle 

やはり地域性はありますよ。

過疎化が進んでいる地域では、大企業の誘致もできません。

人が減っていくのですから、お金を使う人も労働力も減っていっているわけです。

都市部に人が流れてしまうので、東京の人口だけは増え続けているのです。

景気がいいですからね。

→【地方】ド田舎過ぎて仕事がない!薄給でろくな求人がない時の解決策

まとめ

転職するならば今がチャンスだと思います。

結構身近でも、40代50代の人でも仕事が普通に見つかっている人もいます。

もちろん正社員です。

というか、就業人口が減っている割に生活は変わっていないわけです。

店が減ったりしているわけではありません。

つまりは、働く人が減っている割に仕事自体は減っていないのです。

なのでこうなるのは必然といえるかもしれません。

ですがこれからはどうなるか解りません。

今のうちに転職しておいたほうがいいかもしれません。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「仕事探したい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職可能性がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

スカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする