会社のイベントに強制参加!?参加を考える際の8のポイント

geralt / Pixabay

  • 会社のイベントに行きたくない!

  • 強制参加とか意味不明!

  • 絶対行きたくないんだけど…どうしよう

とお悩みの、会社のイベントが強制参加で憂鬱な気分になっている方のためのページです。

強引に断ることもできるでしょうが…。

そこまですると今後の会社生活がギクシャクしてしまう可能性もありますし。

結構難しいところなのかもしれません。

会社の強制イベントに参加すべきか否か?判断する際のポイントをまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

企画した人も大変だと思って参加する

こういう強制参加イベントの場合、企画した人もかなりイヤイヤやらされているパターンが多いです。

仕事で忙しいのに、上司や社長が「今度イベントやるから、お前企画頼むよ!」と強引に頼まれてたりとか。

そんな感じで無理やりねじ込まれたとか、そういうパターン結構あります。

 icon-exclamation-circle 

つまりは無理矢理可哀想な人が企画してくれた可能性も高いわけで、企画者に同情して参加するのはアリです。

そんなイベント、ほぼ全社員が面倒だと思ってますよ。口では言わないですけど。

企画するほうも同じです。

そんなイベントに強制参加させようとしてくる会社は嫌いかもしれません。

ですが企画した人に罪はないでしょう。

法的拘束力などないので断る

強制参加とか言ってますけど、会社が勝手に言ってるだけです。

法的拘束力などありません。

単純にそう言った方が参加者が増えるだろう、と思って言ってるだけです。

日本企業の同調圧力は強いですからね。

そうやって

  • 「強制参加だ」

  • 「参加しないやつなんていない」

  • 「参加しない奴は非国民だ」

みたいに言っておけば、みんな参加するだろうと思っているんです。

 icon-exclamation-circle 

平日仕事の時間にやるのであればまだしも、貴重な休日の時間を使ってまで参加するとか意味わかんないですよね。

土日しっかり休めたり、有給は自由に使える会社であればいいですが。

頻繁に休日出勤させられて、休みが少ない会社の場合は「ふざけんな!休ませろ!」って感じでしょう。

そういう会社であれば、無理に参加することはありません。

断るべきでしょう。

参加するのも仕事のうちと割り切る

一応会社の公式行事であれば、これも仕事のうちだと割り切って参加するのもいいです。

気は進まないでしょうけど。

まあそんなイベントなんて年に何回もないでしょう。

参加することで同僚たちと関係がギクシャクしないのであれば、大人しく参加しておいた方がいいのかもしれません。

 icon-exclamation-circle 

ですが、今の会社にあまり執着もないのであれば、強引に断ってしまうのもアリですけどね。

プライベートを犠牲にしてまで、会社に人生捧げるのもバカみたいですし。

⇒職場の人とプライベートで関わりたくない!関わりを減らす8の方法

とはいえ、役職がついている人であれば、100%参加した方がいいでしょう。

役職つきの人のほうが社長などの上層部に会う機会も多いので、確実に文句を言われますからね。

「協調性がない」と思われる覚悟は必要

強制参加なんて言っても、本当に参加しなければならない義理なんてありません。

別に断っても構いません。

ですが、協調性のないやつだと思われる覚悟は必要です。

実際、断る際に言われるでしょうね。

  • 「協調性のないやつだなぁ」

  • 「ノリの悪いやつだな」

  • 「もっとみんなに合わせろよ!」

とか、言われる可能性は高いです。

 icon-exclamation-circle 

でも、これも比率の問題だと思うんですよね。

断ろうとする人があなたの他にもいるのであれば、心強いです。

仲間がいるので、別に大したことはないと思います。

ですが、強引に断ろうとするのがあなた一人であれば、孤立してしまう可能性はありますよね。

そう思われる覚悟ができているのであれば、別に何をしても構いません。

もっと気楽に働ける会社に移る

中には、強制参加の社内行事に参加しないと

  • 人間関係にヒビが入る

  • 査定に響く

  • リストラ候補に名前があがってしまう

なんていう会社もあります。

ですが、そんな会社にあと何十年も、働き続けることができますか?

正直かなり窮屈だと思います。

会社のイベントなんて、行きたい人が行けばいいんです。

行きたくもないのに強制で参加させようとするのは、意味不明です。

そういった会社は、なんでもかんでも『強制』と言えば、社員が従うと思っています。

何かにつけて働きにくい事も多いのではないかと思います。

であれば、これをきっかけにもっと働きやすい職場を探すのはアリです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職可能性がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

スカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

会社の上層部が来る時は参加すべき

こういうの、断るのはいいと思うのですが。

会社の上層部が来る時だけは、参加した方がいいかもしれません。

社員の出欠状況を、逐一チェックしている暇な幹部もいる可能性もあるからです。

まあ、別に「だからなんだ」っていう話でもあるんですけど。

 icon-exclamation-circle 

小さい会社だと、一人休んだら目立ってしまいます。

「○○君は来ていないのかね!?」とか言って、悪い印象を与えてしまう可能性はあります。

そういった事に不都合を感じるのであれば、大人しく参加したほうがいいかもしれません。

特に上の世代、中高年の上司に嫌われてしまうと、働きづらくなってしまいますからね…。

⇒上司に嫌われた!?パワハラで病む前に行うべき7つの対応策

休んだ方が会社にとってはプラス

社内行事って、たいてい週末や祝日に行われるんですよね。

わざわざ休みを潰して。

当然会社にとっては1円にもなりませんし、社員には疲労も溜まります。

翌週へ疲れを持ち越してしまう可能性もあります。

その可能性は結構高いでしょうね。

 icon-exclamation-circle 

なので会社にとっては、本来しっかり休んでもらった方がプラスだと思うんですよ。

大体そんな社内行事なんて、「これまで毎年やってきたんだから今年もやる」みたいな感じでしょう。

正直惰性で開催しているケースが多いと思います。

他の同僚や上司も、「別に毎年開催しなくてもいいんじゃない?」くらいに思ってるんじゃないんですかね?

そう考えて休んでしまうのもアリです。

当日、ドタキャンでズル休みしてしまってもいいかもしれませんし。

⇒会社に行きたくないときに使いたい!ズル休みの言いわけ8選!

あなたの勇気ある行動が、悪習を変えるかも

こういうのってなかなか勇気が出なくて、参加を断る人って意外に居ないんですよ。

日本人は集団の輪から外れる事を、異常に嫌いますから。

職場の人間の性格にもよりますけど、気が弱い社員ばっかりの場合、誰も断らずにイヤイヤ参加している可能性が高いです。

内心みんな「行きたくない」と思っていてもね。

 icon-exclamation-circle 

そんな中、あなたが勇気を出して断れば、そんな悪い習慣はなくなるかもしれません。

もしかしたらほぼ全員、「こんな行事やらなくてもいいんじゃないか?」と思っている可能性もありますし。

上司や幹部もイヤイヤで、喜んでるのは社長だけなんて会社もありますよ…。

つまりは、最近のビジネス用語で言う『ファーストペンギン』ですね。

一人海に飛び込めば、2人3人と飛び込みます。

一人退職すると、堰を切ったように退職ラッシュが起こるようなこともありますからね。

⇒職場で退職ラッシュが起きた!流れに乗って自分も辞めるべきか?

みんなのために、立ち上がってみてはどうでしょうか?

実際一人が断れば、勇気を貰って断る社員も出てくると思います。

まとめ

以前、同族経営のブラック企業にいたことがありますけど、「会社の行事は強制参加だから、絶対出席しろ」って言われてました。

イヤイヤ参加してましたけど。

行ったら行ったで、実はまあまあ楽しいんですけどね。

ですが休日出勤を頻繁にさせられる会社だったので、「休みの日くらいちゃんと休ませろ」と思って最後の方は参加してなかったです。

休みが少ない会社であれば、無理に参加しなくていいと思いますよ。

休日まで会社の行事に駆り出されてたら、本当に会社に人生捧げてるみたいになっちゃいますし。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする