【早出残業】30分前出勤を強要されている!?だるい時の具体的対策6選

  • 30分前に出勤しろと言われている…

  • 当然早出残業代なんて出ない!

  • これって違法じゃないの!?

とお悩みの、30分前出勤を強要されている方のためのページです。

そういう会社多いですね。

強要してくるというか、「できるだけ早めに来てね」みたいな会社は多いです。

ですがその分の給料が出ているのであればいいですが、サービス残業扱いとなると問題です。

そんな時にできる対策をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

仲間を作って一緒に破る

だいたい30分前出勤を強要してくるなんておかしいです。

従う必要なんてありません。

ですが、一人で反抗したら、気まずくなってしまいますよね。

  • やる気がないならやめろ

  • みんなちゃんと30分前に来てるよ!?

とか、ウザイことを言われるに決まっています。

なので、仲間を作って、一緒に30分前出勤を破ればいいと思います。

「赤信号みんなで渡れば怖くない」理論です。

こうすればモラルハザードが起こって、30分前出勤なんて言う悪習はなくなると思います。

微妙に破る

Free-Photos / Pixabay

30分前出勤というのがきついのでしたら。

20分前出勤とか15分前出勤とか、微妙に破るのもアリです。

律儀に30分前出勤なんてしなくていいです。

 icon-exclamation-circle 

そのぐらい微妙な感じであれば、同僚も上司もそこまで言いにくいですから。

特に労働時間が長かったり残業が多い会社ですと、

  • すみません寝坊しちゃいました

  • 昨日遅かったんです

とか言えば、ちょっと怒られるだけで済むかもしれません。

断固としてギリギリ出勤する

あるいはもう、

  • 「絶対に30分前出勤なんてしねー!」

  • 「絶対にギリギリ出勤してやるぜ!」

と考えて、断固としてギリギリ出勤するという手段もあります。

ずっとやっていれば諦めるでしょう。

まあ反抗的な奴だと思われますから、デメリットは当然あります。

  • リストラ候補に名前が上がる

  • ボーナスの査定が悪くなる

  • 試用期間中でクビになる

かもしれません。

そういう覚悟ができているのであればアリです。

 icon-exclamation-circle 

まあその会社がどのぐらい30分前出勤を強要してくるかによりますけど。

暗黙の了解的な感じであれば、堂々とやってもそれほど言われないかもしれません。

あなたが破ることで、他の同僚も破りやすくなって働きやすい職場になるかもしれませんから。

日本人はおとなしい人が多いので、なかなかこういうのする人がいません。

あなたの勇気ある行動が、悪い習慣をなくすことになるかもしれません。

労働基準監督署に相談する

johnhain / Pixabay

もし早出残業代が出ていないサービス残業扱いであれば、労働基準監督署に相談するのはアリです。

その場合証拠をとっておきましょう。

  • タイムカードのコピーを取っておく

  • 出勤時間を毎日メモしておく

とか。

給料明細は当然、全部取っておいて下さい。

 icon-exclamation-circle 

労働基準監督署はなかなか仕事をしてくれないと思われがちですが。

ちゃんと証拠を揃えて本人が直接行けば、優先的に動いてくれます。

みんな匿名で相談するから、何とも動きにくいだけで。

証拠があればあとは指導をするだけですから、向こうとしても楽なんです。

うるさくない会社に移る

そんな30分前出勤を強要してくるような会社なんて、ろくな会社ではありません。

多分「社員なんていくらでも言うことを聞く」と思っているんでしょう。

時間を拘束するってのは、その分社員の人生を30分拘束するってことです。

つまりは、社員の人生をその程度にしか考えていない会社と判断することができます。

そんな会社にこれから何十年も働くことができますか?

きついと思います。

でしたらもう、そんなにうるさくない会社に移ってしまうのもアリです。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「自分なんかでも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

条件の良い会社からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職市場での「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

毎日遅くまで残業する

あるいは早く出勤したくないのであれば、毎日遅くまで残業するという方法もあります。

そうすれば、朝間に合わなくても「残業してたから」ということで免罪符ができます。

結局同じ時間働いているのであれば、文句を言われる筋合いもないでしょう。

まあ、トータルでは同じことですけどね。

早出の分の残業代は出なくても、残っていった分の残業代はもらえるかもしれませんし。

まとめ

「できれば30分位前に来てね」と言うお願いという形であればいいですが…。

強引に強要してくるというのはちょっとおかしいかもしれません。

それだけならまだしも、その分の早出残業代が出ていないというのはやばいです。

30分分の給料を、会社が万引きしているということですよ。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「転職しようかな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
自分の「転職市場で評価される強み」を診断できるので、「こんな自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみると良いでしょう。

⇒あなたの「強み」、診断します!【リクナビNEXT】

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。

待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。

本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

⇒【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする