毎日12時間以上労働!過労で消耗する毎日から抜け出す5つのヒント

Aleza / Pixabay

  • 毎日12時間以上働いてる…

  • 半日以上会社にいるっておかしいだろ…

  • 一体俺は何のために生きているんだ…?

毎日12時間以上働かされていると、そんな感じで病んできてしまう人というのも珍しくはないと思います。

そもそも労働基準法では、1日8時間を超える労働はイレギュラー扱いなんですよね。

わが国では労働者の権利が弱いので、そんな法律は形骸化していますが…。

これで法治国家というのですから、かなりおかしい国だと言わざるをえません…。

私も1日12時間以上働かされる会社に勤めていたことがありますから、気持ちは分かりますが。

ずっと働いてると体にガタがきますし、気持ち的にも沈みこんできます。

なんとかするための方法をまとめてみました。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

毎日12時間以上働いている会社員はザラにいる

わが国は基本的に労働環境が悪いです。

毎日12時間以上働いている会社員はざらにいます。

私の周りでもそのくらい働いている人も多いですし、むしろ残業しないと給料下がるので困る、みたいな人も多いです。

中には1日15時間以上働くのが普通…みたいな人もいますね。

正直、刑務所で働いてる囚人の方がいい生活送ってるような気もします。

 icon-exclamation-circle 

ちなみにわが国では、1週間に50時間以上働く労働者は20パーセント以上いるそうです。

当然サービス残業させられている人はこの数字にカウントされませんので、もっといると思います。

30パーセントから、多ければ40パーセントぐらいいるんじゃないでしょうかね?

私も前の会社では、12時間以上働かされてました。

あれはきついですね。

1週間仕事だけして終わりますし、1週間があっという間です。

仕事だけして、あっという間に1年が終わる…みたいな感じでした。

1日11時間以上の労働はうつ病リスクが倍以上に

ロンドン大学が行った調査によりますと、1日11時間以上働いている人のうつ病になるリスクは、通常の8時間労働の人に比べ2倍以上になるようです

まあ、今さら言うまでもないことだと思いますけどね。

丸半日以上会社で働いていたら、「俺は一体何のために働いているんだろう…?」みたいな気がしてきますからね。

 icon-exclamation-circle 

私も以前勤めていた会社で12時間以上働かされていましたが、時々死にたくなりましたね…。

残業代はちゃんと出ましたのでお金は稼げますが、使う暇がないので意味がありません。

金が出るだけマシかもしれませんが、ワークライフバランスが実現しないと、どんな仕事でもイヤになると思いますよ。

⇒激務で金を使う暇がない!貯金が増えるだけの人生から抜ける9の方法

そもそも、生きるために働くわけで、働くために生きているわけではないですよね?

あまりにきついなら転職も検討

毎日12時間以上働かされていて、あまりにきついのであれば転職を検討すべきだと思います。

というか、そんなに働かされていて、「もっと頑張れ」なんて私は決して言えませんね…。

私も毎日12時間以上働かされた会社は、もう辞めましたし。

その会社は離職率もかなり高かったので、やはり長続きしないんだと思います。

最初は、「1日12時間労働なんて余裕!」みたいに意気込んでましたけど、これが毎日のことになると病んできます。

それに、今の段階できついのであれば、これからさらにきつくなっていくと思いますし。

これからは、年を取る一方ですから。

年をとればとるほど、今の仕事がきつくなってきます。

労働時間が短くなることはないでしょうし。

  

とりあえず転職サイトにでも登録して、求人を眺めてみるといいと思います。

私もそうですが、大抵の人は「会社を辞めたい」と考えたら、求人を眺めるところから始めますからね。

こちらの転職サイトなら、自分の転職可能性がわかるので、「自分でも転職できるのかな?」と考えたら登録してみるといいかもしれません。

スカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽な一歩を踏み出してみるといいと思います。

⇒あなたの転職力、 診断します!@type

特定失業者になれば失業給付はすぐ貰える

AnnCarter / Pixabay

12時間以上働いていると、残業時間がすごいことになっているかもしれません。

月45時間以上の残業が3ヶ月連続であった場合、特定失業者とみなされ失業給付がすぐもらえます。

自己都合退職ですと、やめてから3ヶ月たたないと失業給付がもらえないのですが…。

特定失業者扱いならすぐもらえますし、失業給付がもらえる期間も自己都合退職に比べて嫁です。

 icon-exclamation-circle 

通常ならば、在職中に次の転職先を見つけるのがセオリーなんですが…。

毎日12時間以上働いていては、在職中に転職活動することは難しいでしょう。

まあやり方次第ではありますけどね。

転職活動の時間が無いなら、転職エージェントを活用

ブラック企業経営者がよく言うことは、「長時間労働で社員を拘束すれば、転職活動する時間がなくなるので飼い殺しにできる」というものがあります。

実際その通りで転職活動する時間なんてありませんので、とにかく今の環境から抜け出すことが重要だと思いますよ。

職業訓練校に通うのも手段の1つ

あるいは、職業訓練校を受験しで職業訓練校に通うのも手段の1つです。

職業訓練校であれば、たとえ自己都合退職だったとしてもすぐに失業給付がもらえます。

しかもその上、職業訓練に通っている間は失業給付が延長されるのです。

 icon-exclamation-circle 

実際賢い人は、在職中に職業訓練校の願書を出してしまい、試験に受かって入校が決まってから退職届を出す人もいるようです。

そうすれば会社辞めてすぐに職業訓練校に通い出すことができますから、空白期間ができずにダラダラすることもありません。

しかも失業給付がすぐにもらえますので、収入0円になることもありません。

⇒【自己都合】失業給付の期間は?会社都合にすれば延ばせるのか?

大多数のサラリーマンが雇用保険や税金を払い損になっていると思いますので、こういう制度を積極に利用していくことをおすすめします。

人生長いですから、たまにはこういうモラトリアム期間が必要だと思います。

ヨーロッパなどの労働環境がいい国では一ヶ月とか、長ければ2ヶ月とかバカンスがあったりしますし。

日本は先進国のくせに、労働者は奴隷のように働かされています。

自分からこういった制度を活用して、休みを作っていく必要があると思いますよ。

まとめ

12時間以上働いていたら、1日が過ぎるのはあっという間です。

結構きついと思います。

正直、1週間が過ぎるのがあっという間ではありませんか?

1年は約52週間しかありませんので、1週間があっと言う間であれば1年もあっという間ということになります。

そういう感覚ですと、年だけとってしまい職業的なスキルが向上したと実感もないでしょう。

何のために働いているのか、何のために生きているのか、わからなくなってくると思います。

若いうちであれば他の会社にも行けますので、できるだけ早めに他の会社に行ってしまうことをおすすめします。

やはり1日の半日以上働くというのは異常ですし、刑務所の囚人ですら8時間労働で済んでいますから…。

■無料で登録できる転職サイト
人生変えたいと思いませんか?


わが国は労働時間が長く、『仕事=人生』になりがちです。

ということは、仕事を変えれば人生が変わるということです。

現状を嘆くだけでなく、具体的なアクションを起こしてみませんか?

人生を変える第一歩は転職サイト登録から!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


●【リクナビNEXT】
「仕事変えたいな…」と思ったらまず登録すべき転職サイト。
企業からのスカウトを待つ姿勢でも転職活動を始められるので、気楽にスタートを切れます。
リクナビに求人掲載できる会社は資金力のあるいい会社が多いですが、最近はどの業界も人手不足なので、採用はされやすい傾向にあります。
有効求人倍率が過去最高に高止まりしている昨今、自分の強みを活かしたいい会社に行きたいなら、一番に登録すべき転職サイトです。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●【MIIDAS】
あなたの転職市場での価値を教えてくれるアプリ。
「何の取り柄もないけど転職なんてできるのかな?」と思ったら登録すべき転職アプリです。

⇒市場価値診断ならMIIDAS(ミイダス)!

●【リクルートエージェント】
非公開求人が多いことで有名な、転職エージェント最大手の会社。
待遇のいいホワイト企業にガチで入社したいなら必須の転職サービスです。
企業側としては、条件にマッチした人材にだけ求人を開示し、人事担当者の労力を省いて良好な労働環境を保っています。
応募者対応は大変ですから、ホワイトな企業はリクルートエージェントのような人材支援会社に頼ることで、効率的な採用活動を行う傾向にあります。
本気でホワイト企業に転職して人生変えたいなら、一番力になってくれる転職支援サービスです。

→【9割が非公開求人!】リクルートエージェントに登録!

シェアする

フォローする