仕事やめたいサラリーマンが、これから選べる人生の選択肢は?

  • 理不尽すぎる!仕事やめたい!
  • 労働時間長すぎ!今すぐやめたい!
  • 人間関係がキツい!!こんな職場嫌!

という、今の職場に不満があり、仕事をやめたいと思っている会社員の方ためのページです。

会社員は確かに安定していますが、会社上層部の決めたことに振り回され、それに逆らうことができません。

ですが、我々には職業選択の自由が保障されています。

今の仕事をやめるのは自由であり、どんな人生を選んでも構わないのです。

このサイトでは、仕事をやめたいと思っている貴方に、これからの人生の選択肢をご提示します。

在職中に次の仕事を探す

仕事を辞めるのはいいですが、次の仕事のアテもなく仕事を辞めると後悔するかもしれません。

すぐに仕事が見つかる保証などありませんし、自己都合退職では失業給付を貰うまでに三ヶ月間の待機期間があり、三ヶ月は貯金で生活しなくてはいけないからです。

在職中に次を見つけられるに越したことはありません。

転職サイトで探す

ハローワークよりも遥かにいい求人を探せる可能性があるのが、転職サイトで仕事を探す方法です。

求人掲載にお金がかかるため、質の低い求人が少ないのがポイントです。

転職となるとまず大手転職サイトを使うのが定石であり、転職の入り口ともいえますので、これを使わないとスタートラインにすら立てません。

実際に私が転職の際に使っていた転職サイトをご紹介します。

●リクナビNEXT

リクナビNEXT ネクス子

リクルートが運営する、日本で一番有名な転職サイト。

転職を考えたらまず登録すべきサイトです。

最大手だけあり、求人の数が多いのが特徴です。

私も転職を考えた時、まず頭に浮かんで即効で登録したのはこのサイトでした。

⇒【リクナビNEXT】に一分で無料登録!

●Switch.

thumb_switch_bz

フェイスブックを活用した転職サイトです。

企業に「いいね!」するだけでエントリーできますので、最も手軽に転職活動をはじめることができる転職サイトです。

一分で無料登録でき、誰にも知られること無くはじめることができますので、まずここを使ってみるのもアリです。

有名企業が多いですし。

⇒Facebook転活アプリ Switch.

仕事が休めないなら転職エージェントの力を借りる

忙しいサラリーマンが転職する際によく頼っているのが、転職エージェントです。

働きながら転職先を探すのは自力では困難ですので、使えるものは使ったほうが良いです。

エージェントも有給がとれない人が多いのは承知していますので、有給が取れないなら平日夜や土曜に面接を入れてくれます。

自力で仕事探すと自分で面接日の交渉しなくてはならないし、平日夜や土日の面接なんて断る会社も多いでしょうしね…

私が使っていた転職エージェントをご紹介します

●DODA

転職支援サービスの最大手が、DODAです。

大手だけあって、扱っている求人は多岐に渡ります。

求人を調べていて、「ろくな仕事がない!」と悩んだことはありませんか?

待遇のいい会社は、多くの人の目に触れる転職サイトなどの媒体よりは、DODAのような転職エージェントを利用する傾向にあります。

 icon-exclamation-circle 

待遇のいいホワイト企業は、人事の人間にも長時間残業をさせないようにしています。

企業の希望に合った人材だけマッチングして紹介してくれる、転職エージェントのほうが企業としては労力的な採用コストがかからないのです。

金銭的コストよりも、そういった労力的コストを抑えないとどんどん会社がブラック化してしまいますからね。

そういった採用の際の労力的コストを抑えるためには、企業はDODAのような転職支援サービスを利用し、非公開求人として限られた人にしか求人を公開しないようにして労力を省いています。

私の周りでもDODAで待遇のいいホワイト企業に入社できた人は多いです。

とりあえずエージェントはここだけ使っておけば間違いないと思います。

⇒【DODA】転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。

正直、在職中に次の仕事を探すのは本当に大変です。

しかも孤独な戦いになりますので、力になってくれる味方をつけたほうがよいでしょう。

ハローワークで探す

国が失業者対策に作った、職業紹介機関です。

かなりの量の求人が常に掲載されており、失業してもなんとか仕事を見つけられるようになっています。

しかし企業は無料で求人を出すことができるため、質の低い求人が多いです。

無名な零細企業が「宣伝のため」にとりあえず出しておく…なんてケースもあるようです。タダで出しておけば求職者の目に触れますからね

「今のところ人は必要ないけど、超優秀な人が来たら採用したいな~」なんて使い方もできるわけで、カラ求人が多いです。

普通に考えて誰も知らないような会社に優秀な人など来るわけがないのですが、宝くじは買わないと当たらない理論で、とりあえず求人出している会社もあるようです。

当然いい求人も中にはあるのでしょうが、玉石混交で見分けるのは至難の業です。時間のないサラリーマンであれば尚更です。

コネを使う

最も確実と言われているのが、これです

貴方に経営者の知り合いがいたり、求人募集している会社に勤めている知り合いがいるのであれば、そのコネを使って通常より高い確率で採用される可能性があります。

どこの馬の骨かわからない人物よりも、組織内部者の身内を採用したほうが安全ですからね。

ただ、そもそもそんなコネがないとどうしようもありません。

誰しも多少なりとも人脈くらいはあるものですが、転職に直結するほどの人脈となると、持っている人は限られます。

あと地味に痛いのが、入社してから合わない会社だと思っても、コネ入社なので辞めにくいというデメリットもあります。

多少のことには目を瞑れるでしょうが、あまりにも肌に合わない仕事、人間関係だと、無理して続けてもうつ病になってしまう可能性もあります。

「あの人はコネ入社だから」なんて陰口を叩かれたりもするでしょうし…。

次は決まっていないが強引に辞める

私もやったことがありますが、あまりお勧めできる方法ではありません。

思いのほか転職活動が長期化した場合、空白期間が長くなってしまい企業からの見る目が厳しくなる可能性が高いです。

また、自己都合退職だと失業給付が貰えるまで三ヶ月間の待機期間があるのも深刻な問題です

つまり三ヶ月間は貯金で賄わなくてはならないということであり、貯金がない人だと詰みます。

速攻次が見つかれば問題ありませんが…。

副業してでも貯金すべき

これをやるのであれば、できるだけ貯金を増やしておいたほうがいいです。

幸いもう辞めるつもりであれば、副業してでも貯金を作りましょう。

副業禁止といっても、バレる可能性があるのは副業をした翌年の6月以降です。

前年の所得に基づいて住民税が計算され、その請求がくるのが6月以降なので…。

転職活動を今からはじめよう

「辞めるまで転職活動しない!」ってなるとスタートダッシュが遅くなり、辞めてからの転職活動が長期化してしまいます。

一番転職市場価値が高いのが在職中なので、できれば辞意を伝えて有給消化中に見つけるべきです。

まだ転職活動を始めていないのであれば、転職サイトに登録して求人のチェックをはじめるか、転職エージェントに登録して仕事探しをはじめるべきです。

退職後でもそれほど期間が空かないのであればまだいいのですが、何ヶ月も空いてしまうとどんどん不利になってきます。

受ける企業も足元を見てきますからね…。

しばらくゆっくりする?

ダラダラ無職期間が長引いてしまい、社会復帰できなくなる可能性もあるので決しておススメはできませんが…。

貯金もあって当面生活に困らないのであれば、しばらくゆっくりすのもアリかと思います。

もちろん、転職が極めて不利になるのは覚悟しなければなりませんが…。

会社を辞めた後いくら必要かについてはこちらで書いていますので、参考にしてください

⇒会社を辞める前に貯金はいくら必要?

お勧めできない方法なのは確かですが、今の仕事で死ぬほど消耗していて、ある程度お金があるのなら、やっちゃってもいいかもしれません。

貴方の人生ですので、結果に対する責任さえ負えるなら何をしても構わないです。

もう会社には頼れない。独立する!

もう奴隷のようなサラリーマン生活にはウンザリだ!

こうなったら独立だ!

…という、気概と行動力、甲斐性のある方が選ぶ選択肢です。

しかし、これまでに何の準備もしてこなかった方には、正直難しいでしょう。

独立なんて、準備の段階でほぼ勝敗は決まっています。

こちらで脱サラ起業について書いていますので、参考にしてください

⇒脱サラしたいサラリーマンが起業に高確率で失敗する理由は?

これをやるなら準備期間が必要ですので、

  • 今の職場で働きながら準備を進める
  • 修行のために転職する

どちらかを行うことになるでしょう。

何の準備もせず、いきなり飲食店とかフランチャイズとか開業すると高確率で失敗しますので、よーく準備したほうがいいです。

「逃げ」の独立だと、長続きしません。

もう日本には頼れない。国外脱出だ!

労働を過剰に賛美し、一分でも多く働くことを美徳とするこの国は、非常に生きづらいです。

働かないという選択肢がタブーである男性であれば尚更でしょう。

ですが、これも独立同様、準備が重要だと思います。

現地の言葉も覚えなくてはいけませんし、現地で仕事や住居も見つけなくてはいけません。

永住できるのか?って問題も出てきますし…。

まあ、言葉については行ったら行ったで覚えないと生活できないから、必然的に必死に覚えるとも言いますが…。

案外無鉄砲に軽装備で行って、なんとかなってる人もいますけど。

ですがそんな行動力があるのであれば、貴方はこんなサイトを見ていないでしょう。

まあ、青年海外協力隊にでも行けばいいんじゃないですかね。行った事無いですけど。

このまま働き続ける。何も変わらない

まあ、諦めるなら諦めるでそれもいいと思います。

転職失敗してる人も多いみたいですし。

ですが、「ここに留まる」という選択を行ったのは貴方です。

職業選択の自由があるのにそれを選んだということは、今の環境に満足しているという意思表示に他なりません。

客観的に見たらそう映りますし、少なくとも貴方の会社の社長はそう思うでしょう。

「この待遇でも誰も辞めないな!給料もボーナスも据え置きでいいな!」と社長は判断するでしょう。

労働者の待遇は需要と供給で決まりますからね。

社長としては給料なんて上げたくないですし、ボーナスもできれば出したくないです。

それでも社員が働いてくれるなら、コストは削減できるに越したことは無いのです。

まあ、そんな日和見の社員ばかりだから、日本にはブラック企業が存続できているのですが…。

本当に人生を変える覚悟はあるか?

労働環境のいい西洋の国ならばいざ知らず、我々の住む日本は基本的に労働環境が悪いです。

出産を機に退職することも可能な女性に対して、男性は死ぬまで働かなくてはいけません。

つまりは仕事=人生であり、仕事を変えることは人生を変えることにつながります。

人生を変えるには仕事を変えればいい、ということになりますが、その覚悟がありますか?貴方には。

多くのサラリーマンは、今の職場に不満を持ちつつも「仕方ない」と諦め、したくもない仕事をし定年を迎え人生を終えます。

仕事を変えるとなると、当然リスクもあります。

ハローワークに出ている求人などは虚偽の待遇が書かれていることなんてしょっちゅうですし、そうでなかったとしても貴方が次の職場に馴染めるかはわかりません。

ですが、人生を変えたいと思うのであれば、その程度のリスクは承知で挑戦しないといけません。

そのくらいのリスクを取れない人には人生を変えるのは無理です。

まとめ

仕事を辞めたい貴方が選べる選択肢をまとめます。

  • 在職中に次の仕事を探す
  • 次は決まっていないが強引に辞める
  • もう会社には頼れない。独立する!
  • もう日本には頼れない。国外脱出だ!
  • このまま働き続ける。何も変わらない

正直現実的な選択肢となると、1と2か、5しかないと思います。

つまりは転職か、このまま働き続けるかの二択です。

貴方にもっと行動力があれば他の選択も行えるのですが……これはもう仕方ないです。諦めましょう。

やるのであれば、早いほうがいいです。

歳をとってしまうと転職は更に難しくなり、どこにも雇ってもらえなくなります。

貴方が今何歳かわかりませんが、30歳を超えているのであれば、これが転職する最後のチャンスかもしれません。

実際、それ以上の年齢になると、リストラとか倒産とかの理由がない限り、今の職場に留まり続けるでしょう。

つまり、今転職しないと、定年まで今の職場で働き続けることになるということです。

まあ、定年まで働けるとはとても思えませんが…。

どの選択肢を選んだところで後悔は少なからずあるでしょうから、自分が納得できる道を選んだほうがいいでしょう。